読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

作家
藤田晋
出版社
幻冬舎
発売日
2013-06-27
ISBN
9784344420168
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

二一世紀を代表する会社を作りたい――。高校生のときに抱いた起業の夢は、サイバーエージェントの設立により実現した。しかし、社長になった彼を待っていたのは、厳しい現実だった。ITバブルの崩壊、買収の危機、社内外からの激しい突き上げ……。孤独と絶望、そして成功のすべてを赤裸々に告白したノンフィクション。夢を追う人必読の書。

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

maimai

「21世紀を代表する会社を作る」そんな志のもと会社を立ち上げたサイバーエージェントCEO藤田晋の人生が赤裸々に書かれた本です。印象的なシーンは様々な批判を浴びたり叩かれたりして挫けそうな藤田社長でしたが寝る間も惜しんで働く周りの社員の姿を見てもう一度立ち上がるシーンです。周りのみんなが助けあって危機を乗り越えようとする姿が感動的でした。一見華々しく見える人でもその裏では血のにじむ努力をしているのですね。楽をして成功なんてないのだと痛感する本です。

2016/05/25

mitsu44

サイバーエージェント創業者の藤田さんが14年前に書いた本。1999年のインターネットバブルに鳴り物入りで乗って上場した勢い、バブルが弾けて株主と株価に振り回され続けた20代後半 ここまでの経験を積みながらまだ自分より年下の28歳の時点までの話。すごいことです。赤裸々に語られるのは今のキラキラ会社なCAになる前のお話。ここで働く後輩は元気かな

2019/03/04

cao-rin

サイバーエージェント藤田社長の起業してから現在までのドキュメンタリー。全編を通して思うのは、やはりタダ者ではないなっていう事。はっきりと明確な目標を持ち、その目標に期限を付け、強い信念と自分の夢に対するこだわりがあり、更に鋼のような精神力を持っている。とにかく浮ついた所がない。25歳という若さで起業し、順風満帆に今日まで登りつめてきたのかと思っていたが、そうではなかった。誰にでも出来る事ではないと思うが、若い世代の人には特に読んでほしい。仕事に対する観念が変わるかも知れない。

2017/01/09

お静

サイバーエイジェント社長藤田氏のまずは28才までのエッセイ。目標に向かってぶれず困難を乗り越える姿や打ちひしがれさまよい歩く姿には心打たれた。有名社長だがこうして読んでみるとそのひととなりが伝わって余計に関心がわいてくる。どうか行き急いでほしくない。

2017/09/02

モッタ

★★★★☆ こんなに上手くいくことはめったにないだろうが、本当に起きているのだから面白い。走り続けると言うことはこういうこと。

2013/09/18

感想・レビューをもっと見る