読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

給食のおにいさん 進級 (幻冬舎文庫)

給食のおにいさん 進級 (幻冬舎文庫)

給食のおにいさん 進級 (幻冬舎文庫)

作家
遠藤彩見
出版社
幻冬舎
発売日
2014-04-10
ISBN
9784344421769
amazonで購入する Kindle版を購入する

給食のおにいさん 進級 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

今回は毛利さんと磯辺さんのエピソードには、かなり感動しました。毛利さんのことなので、きっと単純な好き嫌いではありませんから。同時に同情から食材を引き受けることは、やっぱり出来ないことに切なさを抱きました。磯辺さんの「昔ながらのこんにゃく」こそ、かなり美味しいかと。しかし、そこで公私混同すればプロフェッショナルにはなれませんよねぇ。毛利さんがトラウマを克服したので、とても安心しました。やっぱり、ひとりぼっちで食べたくないですもんねぇ。そして、磯辺さんだって新たなる居場所が出来ましたし、まさに一件落着でした。

2016/10/27

れみ

シリーズ2作目。給食調理員2年目の佐々目が料理人としての再起を考え始めるところ。こんにゃく屋の磯辺さんがいい人過ぎてちょっと泣けた。それにしても、4年生くらいってだんだん大人になってきて大変だなあ…。

2014/10/18

ダイ@2019.11.2~一時休止

給食のおにいさんその2。連作短編集。いじめられてる生徒への対応がメイン?。マトリョーシカもそれぞれイイ感じの仕事してます。前作は1年間でしたが、今回は半年ちょっと。次作で2年目が終わるのかな?。

2015/11/22

Tanaka

前作同様面白かった。ただ、前よりもあまり引き込まれる要素が少なかった。前回は、ネグレクトとか他の登場人物も昔は…、みたいな感じだったからかも。

2015/06/25

めぐ

一番 強く思ったのは食べるということを、イジメの道具に使っちゃダメだよってこと。食べると幸せになれるし、元気も出て来る。お腹がいっぱいになると、満足して気持ちがゆったりするし、血流が増えて体がポカポカする。そんな、一日三回の、みんなに平等に訪れるはずの食事タイムに食べ物を使ってイジメるだなんて私の価値観の中ではあり得ない。許せないです。でも、たぶん、給食タイムって、イジメやすい時間だろうなってことは想像できます。…他にもたくさんの注目すべき素敵なフレーズはあったのですが…。

2015/06/03

感想・レビューをもっと見る