読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

給食のおにいさん 卒業 (幻冬舎文庫)

給食のおにいさん 卒業 (幻冬舎文庫)

給食のおにいさん 卒業 (幻冬舎文庫)

作家
遠藤彩見
出版社
幻冬舎
発売日
2014-08-05
ISBN
9784344422292
amazonで購入する Kindle版を購入する

給食のおにいさん 卒業 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

給食をめぐるお話第三弾。主人公の佐々目が将来の夢に向かい一歩を踏み出すなか、調理場の雰囲気が悪くなる出来事や給食費未納をめぐる問題が起こって重苦しい雰囲気もちょっとあったのに、最後は毛利に泣かされて良い読後感だった。ところで、給食費を保護者同士で集金するというエピソードが出てきて驚いたものの、実際におこなっている地域があると知って二度びっくり。

2014/10/21

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

私は子どもが居ませんから、あまり学校の時事問題には詳しくはありません。たしかに私が子どもだった時、すでに給食費を払わない親御さんは居ましたが。子どもには罪はないために、その辺はとてもデリケートな問題だと思いました。バレバレな催促では、きっとイジメの引き金になるかもしれませんし。気難しいことは苦手ですから、あまり詳しくは分かりませんが。子どもの頃は給食が嫌いでしたが、どうしてか「給食のおにいさん」を読むとどうしても食べたくなりますから、不思議なものだと思いました。ちゃんと食べれば良かったかもしれません。

2016/02/24

ダイ@2019.11.2~一時休止

給食のおにいさんその3。タイトルにあるように小学校の給食編?の最後。給食費未納がメインテーマっぽいけどこれは解決されたの?。最後は毛利さんグッジョブ。

2015/11/25

めぐ

最後まで一気に読んでしまいました。まさか、卒業後に泣かされるとは予想していませんでした。今のささめだったら、きっと新しいステージでやっていけると思います。最後にとても暖かい気持ちになりました。 給食費未払いが子どもに及ぼす影響は、こんなにも大きいものなのですね。ただ単にお金の問題だけという訳ではない根深い不信感があり、その為に家族内の調和も乱してしまう。この本は、そこまで突っ込んで問題提起しています。ホテル編が読みたいです!

2015/06/04

Tanaka

2巻で方向性は決まってたんだと思うけど、何か無駄に延ばしているだけの気がした。 給食費未納問題がちょうどニュースになってからかなりタイムリー(笑

2015/07/09

感想・レビューをもっと見る