読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

望遠ニッポン見聞録 (幻冬舎文庫)

望遠ニッポン見聞録 (幻冬舎文庫)

望遠ニッポン見聞録 (幻冬舎文庫)

作家
ヤマザキマリ
出版社
幻冬舎
発売日
2015-08-05
ISBN
9784344423817
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

中国大陸の東の海上1500マイルに浮かぶ、小さな島国——ニッポン。そこは、巨乳とアイドルをこよなく愛し、世界一お尻を清潔に保ち、とにかく争いが嫌いで我慢強い、幸せな民が暮らす国だった。海外生活歴十数年の著者が、近くて遠い故郷を、溢れんばかりの愛と驚くべき冷静さでツッコミまくる、目からウロコの新ニッポン論。アッパレ、ニッポン!

望遠ニッポン見聞録 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

つねじろう

先日NHKでミラノ万博を紹介してる番組に出ていてイタリアの観衆にいきなりイタリア語でスラスラ挨拶を始めた。その自然体な姿がエラくかっこ良かった。この本でそのユニークな生い立ちや家庭環境が分かってナルホドと思った。いやあ音楽家のお母さん素敵だわ。そう言う意味では視点が違うし日本人的感性と志向をたっぷり持ちつつ外国人的な客観性と目線で、それこそ平い顔の国の文化を眺めて再発見や再評価を熱く語る。ぽっとん便所の話やベルルスコーニの話、歯医者の話が笑える。こんな地球人的日本人が増えると楽しいだろうなぁって思った。

2015/08/30

きむこ

『テルマエロマエ』の原作者のエッセイ集。テレビでお見かけした時にそのバイタリティー溢れる行動となかなか鋭い発言がとても気持ちよく好印象だった。「日本だけが世界でない」と親から言われて育ち、10代でイタリアに渡りその後もいろんな国に住み、現在はアメリカでイタリア人の旦那様と暮らす彼女の外から見た日本論。なるほどね〜と頷いたりビックリしたりククッと笑ったり。欧米人はしゃがまないのね(^_^;)サクサク読めて大変面白かったです★4

2015/10/03

佐島楓@勉強中

面白かった! 何度か声を上げて笑ってしまいました。海外生活が長いヤマザキさんならではの視点。外国で暮らすからこそ意識せざるを得ない日本人としての自分。その距離感がとてもクールな印象を受けました。比較文化論としても、何も考えずに読んでもとても楽しいエッセイです。

2015/10/11

coco

ヤマザキマリさんのエッセイ。色々なお国の事情も垣間見ることができ、興味深く、面白く読みました。挿絵も面白い。そういう見方もあるのかと驚くこともあれば、思わず笑ってしまうこともあったり、いろいろ。ヤマザキさんの各国での体験談も強烈。

2015/09/11

TATA

「テルマエロマエ」を描かれた方ですよね。小栗さんもそうですけど身近な異文化交流は興味深く読めます。考察の仕方というよりは切り口が独特なのかな。なので飽きることなく読めます。出張先とかで読むといいかも。

2016/07/07

感想・レビューをもっと見る