読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人生の約束 (幻冬舎文庫)

人生の約束 (幻冬舎文庫)

人生の約束 (幻冬舎文庫)

作家
山川健一
出版社
幻冬舎
発売日
2015-11-26
ISBN
9784344424128
amazonで購入する Kindle版を購入する

人生の約束 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

プロットは読んだ。登場人物のデッサンも一応頭に入れた。泣く準備もできた。あとは、曳山の胸をうつ情景を。二人の男の間で揺れる陽子の抗えない魅力を。彼女が大切にした航平との日々を。祐馬の中に見いだしたものを。航平の深い愛を。友に伝えたかった込み上げる想いを。祐馬の弱さと甘えを。航平への静かな憧れと嫉妬を。孤独な闘いを。喪ったものへの焼けつくような懺悔を。瞳の父への矛盾する切ない愛を。曳山を奪った武田のどす黒い醜悪を。人々の愛おしさを。曳山の心を震わせる真の誇りを。さあ、読ませてほしい。ここから続く本編で!

2015/12/02

康功

地元を舞台にした映画が上映される前に、山川 健一さんのノベライゼイションを読んでおこうと思いました。、、、人生は失ってから気付く事ばかり、、、主人公、祐馬も沢山のかけがえのないもの、友人を失ったが、大切な事を見出すことができた。映画の中に地元の秋祭り。特別な感慨を味わえそうです。

2016/01/05

えりっち

知人に薦められて読みました。映画化と言うことでキャストに当てはめながらの読了。男の人はお互いの想いをあまり口に出さない分、心の奥で繋がってる何かを感じてるのかな?と美化しながら読みました(笑)

2016/02/17

donboo

男友情という一つの像が描かれている。友に認めた手紙が印象的だが、設定がチョット強引な感じがするのは映画のノベライズだからか。映像表現では丁度良い感じなのかもしれない。いつか観てみようと思う。

2016/07/05

みきだい

2016年に映画化されるそうで、各場面がスクリーンに映る様子を想像しながら読み進めました。回想やつながりやときれいに描かれることでしょうが、特に最後のお祭りの場面の、夜を照らす提灯と豪奢な曳山、人々の熱気がどのように映し出されるのかが楽しみになります。綺麗な描写になればいいなぁ。終盤に向かうにつれて人とのつながりの大切さが際立っていきますが、小説としては何でだろう、ちょっと物足りなさがあるように感じました。映画や映像で描かれる方がしっくりくるように思います。地域や地元のお祭りの景色が印象的に残りました。

2015/12/30

感想・レビューをもっと見る