読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
幻冬舎
発売日
2017-08-04
ISBN
9784344426313
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL……。人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

6つの作品からなる連作短編集。作者自身の「あとがき」にも、また他の方々の感想にもあるように、やや特殊な成立事情があったためか、伊坂作品には珍しく荒唐無稽さは影を潜め基本的にはリアリズムの範疇で描かれてゆく。もっとも、日本人のヘビー級チャンピオン、ウィンストン小野の設定は、いささか普通を超越してはいるが。しかも、この小野は連作中のあちこちで重要な役割を担っている。また、それ以外の登場人物たちも、あちこちで交錯し、まさに連作としての妙味を発揮する。まさに「繋がり」こそが、この作品集のメイン・テーマなのである。

2018/09/02

短編集ですが登場人物は繋がりがあり最後の話では全員登場し、あの人たちその後どうなったかな?が全てつまびらかになる描き方が上手いです。人生はうまくいかないことがあっても、誰かの助言とか、意外な人との出会いとか、時間の経過や、何かしらの些細な出来事からヒントを得たり劇的に道が開けたり、新たな出会いがあったりするもので、どんな人生も捨てたものではないというのが一貫したテーマのように感じました。『アイネクライネ』『ライトヘビー』『メイクアップ』が好きです。ただし『メイクアップ』に出てくる小久保は嫌いな女でした。

2017/10/15

ぱるぷ

★★★★☆ 6つの連作短編集。過去と現在、未来、それぞれの登場人物が繋がっていくのが気持ちいい‼︎ 斎藤さんに出会いたい……

2017/09/10

Δ

面白かったなぁ。ミステリーやハードボイルドではないけど、なぜかちょっとハラハラドキドキ、不思議な感覚。登場人物が折り重なっていく様は見事、さすがの伊坂氏。私にとっては伊坂作品の上位に入ると思われる。 人って根本的な性格は治らないものだと言う。だが、自分を知り治らないなりにそれを補うべく努力すれば、周りはそれを評価してくれるのであろう。でも元来の性格ってヤツは厄介なもので、なかなか表から引っ込んでくれないものだ。相手との関係も元々の性格と努力している部分、全部含めて理解し合わないと後から問題勃発って事に…。

2017/09/08

五右衛門

やっぱり裏切らないです。伊坂作品 各章が終わるたびになぜでしょうか?小さくガッツポーズをしている自分がいて読み終わった余韻と自分の仕草にまた小さく笑ってしまいました。このめぐり合わせ(物語の高度な非常に高度な伏線回収)が人と人のつながりをもたせ、また明日も少し頑張ってみようかと思わされました。

2017/08/15

感想・レビューをもっと見る