読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨に泣いてる (幻冬舎文庫)

雨に泣いてる (幻冬舎文庫)

雨に泣いてる (幻冬舎文庫)

作家
真山仁
出版社
幻冬舎
発売日
2017-10-06
ISBN
9784344426634
amazonで購入する Kindle版を購入する

雨に泣いてる (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

未曾有の大災害、東日本大震災。本書が描く場面は震災直後の被災地と、被災地の状況を取材する新聞記者が感じ取ったリアル。世界有数の自然災害多発国である日本、そこで突如起こった惨劇は我々に未来永劫忘れられない衝撃の映像として焼き付いている!『子供を連れて逃げろ!』指示に従ったが故、失った命。経験のない想定外の状況で下した決断の後悔。緊迫の極致で若い記者の命を救い、自らは命を落とした英雄が、実は過去に二人を惨殺した凶悪犯罪者?生と死を分かつ境界線、罪と後悔の狭間、未曾有の惨劇を背景に問うテーマは激しく重い‼️🙇

2020/07/29

Walhalla

被災地に赴いた記者の葛藤を伝えたいという著者の思いがきっかけで、この作品が生まれたそうです。「人はなぜ過ちを犯すのか」というテーマが盛り込まれていますが、著者は出版社のサイトで、『過ちを犯さないようにするにはどうしたらいいのか。それは、今を一生懸命に生きる、それしかないと思います。』とおっしゃっています。すごく心に響く言葉ですね。

2019/11/14

川越読書旅団

震災にトラウマを持つ新聞記者を通じ、記者のジレンマと矜持を語る。ただ、介在するミステリ部がちょっと力技で盛り込まれた感が否めないか。

2018/07/15

ぺんぎん

震災の描写がリアルで当時を思い出し辛くなった。そんな現実と物語を織り交ぜた過去の事件との絡み、真実と後半からは一気に読んでしまった。

2019/08/23

単行本を見つけられずに文庫版で。阪神淡路大震災で痛恨のミスを犯した新聞記者が、2011年3月11日以降の三陸市で記事を書く中で見つけたある真実とは。自然災害に打ちのめされる人々の姿から新聞記者として何を伝えようとするのか、伝える意味とはなんなのか葛藤の中でそれでも新聞記者としての性に追い立てられるように見つけた過去の事件の真実。事件関係者も新聞社の上司も震災現場とはまるでかけ離れていて、自分勝手で胸糞悪くなる。新聞社社主の孫娘の新人記者、東京のマンションで家族を顧みず被災地に取材に出かける夫を非難する妻。

2020/09/05

感想・レビューをもっと見る