読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)

世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)

世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)

作家
押井守
出版社
幻冬舎
発売日
2017-12-06
ISBN
9784344426740
amazonで購入する Kindle版を購入する

世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nano

「タダ」というものでも、「時間」、「情報」という大切な対価を支払っていること、人は好きな事でしか努力できないようにできていること、現実が虚構より面白いと言い得るためには、それなりの教養や知的研鑽(ちてきけんさん)というものが必要であり、誰でもいつでもどこでも面白いというわけにはいかないということがわかった。 ああ、知的研鑽…。自分は、常々、映画ロードオブザリングの原作、「指輪物語」を読みたいと思っているので、いつか(近いうちに)絶対読もうと思った。以上!

2020/05/15

ゼルミナ

小生、押井信者につき。

2020/06/18

マヵロニ

考え方が面白いし、唸るところがたくさんある。あるけど…軍事知識皆無の私には調べながらでないとわからないところが多々あり。でも内容は面白い!

2019/05/29

ひょるひょる

ばっさりな感じで面白かった。スカイツリーの話はひどい。兵頭二十八の本が読んでみたくなる。

2018/09/02

zero

言いたい放題の押井守。

2018/08/19

感想・レビューをもっと見る