読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

京大芸人式日本史 (幻冬舎よしもと文庫)

京大芸人式日本史 (幻冬舎よしもと文庫)

京大芸人式日本史 (幻冬舎よしもと文庫)

作家
菅広文
出版社
幻冬舎
発売日
2018-04-10
ISBN
9784344427396
amazonで購入する Kindle版を購入する

京大芸人式日本史 (幻冬舎よしもと文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あつこんぐ

学生の頃、暗記が嫌いだったのでもちろん日本史もチンプンカンプンでしたが、この本読んだらやる気が出そうです。最後の宇治原氏の解説が「本当に仲が良いんだろうなぁ、この2人」っていうのが伝わってきて好きです。わかりやすかったので、自分の子供にも勧めたいと思います。

2018/08/11

マッちゃま

ふと目に付いて衝動買いしちゃった本。日本史は好きで高校時代は得意な科目でした。解説にもありましたが、やっぱ知識として覚える(暗記)ではなく、歴史の流れや登場する人物に興味を持てば面白く感じて勝手に覚えちゃうんです。ドラマやマンガのノリ感覚です。本書もそんな感じ。縄文時代から第二次世界大戦までを駆け足でネタにしちゃってます。コレ読んで日本史の成績が上がるかと言われれば何とも言えません。でもこんな感じで向き合うのも悪くないと思います。そう考えると歴史上の偉人も只に人間じゃん♪なんて親しみが湧いてきますから。

2019/11/01

なお

タイムマシーンで各時代に行って当時の主要人物と会うと言う設定で面白かった。宇治原さんの「日本史は物語の様に教科書を読めばいい」と言っており、息子の教科書を借りてみようと思った。

2019/02/09

詠(よみ)

面白かった。やっぱり(ある種しゃべりとして)うまい。ざっくりだし、時代と時代の繋がりは?とは思うし、なんにもわかってない子には"?"だろうけど、それはそれだと思える わたし自身、歴史は好きだし、「歴史は物語!」だったけれど、これを伝えることが難だとわかっていたこともあって、尊敬。おもしろさは大切

2019/08/14

ペペ

菅ちゃんらしさが出ていて面白かった。「日本史を面白い」と思えるいいきっかけになる本だと思う。

2018/05/04

感想・レビューをもっと見る