読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「芸」と「能」 (幻冬舎文庫)

「芸」と「能」 (幻冬舎文庫)

「芸」と「能」 (幻冬舎文庫)

作家
清水ミチコ
酒井順子
出版社
幻冬舎
発売日
2018-08-03
ISBN
9784344427648
amazonで購入する Kindle版を購入する

「芸」と「能」 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

瀧ながれ

もっとガッツリと掛け合いや絡みがあるような二人エッセイかと思ったら、それほどではなくて、うすーく同じテーマをなぞりながらそれぞれに語る感じ。でも清水ミチコの舞台を見る酒井氏や、酒井順子の著作を読む清水氏の感想が書かれたりもあって、二人の距離を興味深く読んだ。表現方法は異なるが、「ウケたい」=「受け入れられたい」がための表現であるところの「芸」。いろんなものを吸収したからこそ、これほどの「芸」を現すことができるのだと、笑いながらしみじみ感じ入った。清水ミチコ氏のプライベートを垣間見れたのは、貴重な気がする。

2018/10/24

まめ

清水ミチコさんと酒井順子さんの往復書簡。八代亜紀さんの話し方を「赤ん坊に話しかけるお母さんと、ヤクザに入れ上げる情婦を足して二で割ったような、何とも甘い、とろける滑舌。」と表現したり、最前列で居眠りをしている女性の姿を 「連獅子のように、髪を振り乱しながら寝ています。」などと面白い表現方法がたくさん出てきて何度もクスッと笑ってしまった。酒井さんが作中で紹介していた『世界が認めたニッポンの居眠り』という本もいずれ読んでみようと思う。

2018/11/24

anken99

最近凝りまくっている酒井順子さんが、これまた異彩のモノマネ女王の座に長く君臨し続ける清水ミチコさんと、週代わりで書簡を交わし合ったエッセイ集。「芸と能」のタイトルどおり、「芸と能」を持つ二人がさまざまな事象を独特の視点からとらえていく。1回が5ページ程度で、手すきにだらだらと読み進めていくにはぴったりの内容だった。それにしても、清水ミチコさんのファンには、「芸」ならぬ「ゲイ」が多いというのは知らなかった。これも「能」。持って生まれた「才能」なんだろう。

2021/05/24

uran

清水ミチコさんは、三谷幸喜さんとの対談を読んだかな。酒井順子さんは初読み。おふたりともテンポが良くスイスイ読み進められました。特に紅白のお話は画像が蘇ってきました。いつか清水さんのステージを見に行きたいな。光浦さんの解説もありお得な一冊でした。

2018/09/11

のみちゃん

一部リレー感がなく「酒井さんの独り相撲じゃ?」と思ったこともあったが、さすが独特の感性や言葉をお持ちのお二人。面白かった。光浦さんの解説も良かった。また言われたと酒井さんは嫌がるかもしれないが、負け犬を改めて読んでみようと思う。

2018/10/31

感想・レビューをもっと見る