読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)

作家
南杏子
出版社
幻冬舎
発売日
2018-07-12
ISBN
9784344427761
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

誰もが避けては通れない、
愛する人の、
そして自分の「最期」について静かな答えをくれる、
各紙誌で絶賛された現役医師のデビュー作。
2018年6月21日のNHK「ラジオ深夜便」にて紹介され、話題沸騰中!


「生とは何か。死とは何か。答えの出ない問いへの灯りのような一冊」(書評家・吉田伸子さん)

「本書を読んで何よりも私は、救われた、と感じた」(書評家・藤田香織さん)


大学病院の総合診療科から、「むさし訪問クリニック」への“左遷"を命じられた37歳の水戸倫子。そこは、在宅で「最期」を迎える患者専門の訪問診療クリニックだった。命を助けるために医師になった倫子は、そこで様々な患者と出会い、治らない、死を待つだけの患者と向き合うことの無力感に苛まれる。けれども、いくつもの死と、その死に秘められた切なすぎる“謎"を通して、人生の最期の日々を穏やかに送れるよう手助けすることも、大切な医療ではないかと気づいていく。そして、脳梗塞の後遺症で、もう意志の疎通がはかれない父の最期について考え、苦しみ、逡巡しながらも、大きな決断を下す。その「時」を、倫子と母親は、どう迎えるのか?

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バイクやろうpart2

初読み作家さんです。会社帰り、駅ナカの書店で、題名と副題に惹かれ購入しました。全身治療こそ全ての主人公が、徐々に、医療という名の暴力、週末医療に悩み、思考する姿に目が離せませんでした。読み終わって、あらためて、【サイレントブレス】の題名を理解出来たように思います。次も是非、読ませて頂きたい作家さんです。

2018/09/15

菜穂子

大学病院総合診療科勤務から在宅医療のクリニックへの異動をを命ぜられた水戸先生。初めてのことだらけで戸惑い、苦悩しながらも誠実な、アプローチを図っていく。コロッと逝きたいが、口癖の老人達も病院での治療効果が望めなくなった終末期、どのような経過を辿り最後を迎えるのかと考える人は多くは無いかもしれない。延命治療無用と表明していてもそれが叶わない時もある。医師と家族の間で隔たりが埋まらない時、患者優先を貫けるのか?終末期に寄り添う医療を考え続けた医師からの言葉が詰まった1冊だった。

2019/04/13

KEI@本棚を改装中

終末期医療に携わる医師が書いた小説。大学病院から訪問医療の診療所に転勤を命じられた倫子が戸惑いながら患者に寄り添う医療を目指し、自らも実父を自宅で看取る事を選んでいく。医療には病と闘うものと、治らない事を敗北と思わず患者の希望に寄り添い、看取る医療があるという。超高齢化時代になり、看取りの医療の大切さを問いかけてくる。患者に無駄な苦しみを与える延命処置より、穏やかで安らぎに満ちた最期(サイレント ブレス)について、もっと一般に周知していく必要を感じた。倫子が父を看取るシーンには涙が出た。お薦め本です。

2018/10/27

カブ

勤務先が大学病院から、在宅で医療を受ける患者のための訪問クリニックに異動となった倫子の目から見る、終末医療。患者の望むこと、その家族が望むこと、そしてドクターが望むこと。患者や家族に寄り添う医療とは何か、静けさに満ちた日常の中で、穏やかな終末期を迎えることとはどんな意味があるのか、考えさせられる作品です。心にじんわり響きます。

2018/12/09

きさらぎ

終末期医療に関わる現役医師が書いた本。どれもリアルな看取りの話でした。「死は『負け』ではなく『ゴール』なのです」 の言葉が印象的。小説家として日が浅いせいもあり、まだまだ文体に違和感があるけど、題材はたくさんあるだろうから、もっともっと読みたい。 しかしこの南杏子さんという方。ご自身が波乱万丈すぎ~! そのまま小説のモデルになりそうな経歴です。

2018/07/29

感想・レビューをもっと見る