読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

町奉行内与力奮闘記七 外患の兆 (幻冬舎時代小説文庫)

町奉行内与力奮闘記七 外患の兆 (幻冬舎時代小説文庫)

町奉行内与力奮闘記七 外患の兆 (幻冬舎時代小説文庫)

作家
上田秀人
出版社
幻冬舎
発売日
2018-09-20
ISBN
9784344427846
amazonで購入する Kindle版を購入する

町奉行内与力奮闘記七 外患の兆 (幻冬舎時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とし

町奉行内与力奮闘記「外患の兆」7巻。あっと言う間に読了、面白かったです。内与力の城見亨さん、主役で格好良いはずなんですが、相変わらず上から下からあちこちから教えられこき使わていますねが、性格が真っ直ぐで少しずつ成長していますね。

2020/06/06

Atsushi Kobayashi

このシリーズはいまいちです。 解説部分が多くって、本編がどうなったのか、なんかわからなくなります。 1時間ちょっとぐらいで、全部読めてしまいます。

2018/09/21

clearfield

シリーズ7作目、筆頭与力一派を罷免した北町奉行所では吟味方や三廻りなど番所の重要な役人が南町の次男や三男などで手薄になり、番所の威光が届かないは江戸の街は事件が多発と改革は良いことだけではない一面を扱ってくれる上田さんは良心的、しかしいくら人がいないとは言え内与力の亨に強盗を捕まえさせるのはやりすぎでは..亨は内与力数か月で24歳とは思えぬ自信家に、今までのお使い番か飼い犬宜しく主人の言うことだけを聞いていたのが変貌にびっくり

2018/09/22

蕭白

相変わらずサクサク読めます。

2019/01/27

Abercrombie

奉行所を放逐された与力同心たちの悪あがきと、南北町奉行の足の引っ張り合い。どちらも見苦しいことこの上ない。竹林が雇った浪人の潔さだけはちょっと不気味。

2018/10/23

感想・レビューをもっと見る