読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

十五年目の復讐 (幻冬舎文庫)

十五年目の復讐 (幻冬舎文庫)

十五年目の復讐 (幻冬舎文庫)

作家
浦賀和宏
出版社
幻冬舎
発売日
2018-10-10
ISBN
9784344427891
amazonで購入する Kindle版を購入する

十五年目の復讐 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

misa*

読友さんが読んでたので気になって手に取った初読み作家さん。なんだろう…後味の悪さと気味の悪さがモヤモヤさせる。些細な出来事から悪意を育てた者が15年の時を経て、ミステリ作家を追い込んでいく。その追い込み方がいちいちねちっこかった。

2018/11/02

itoko♪

タイトルと帯に惹かれ、読み始めはすごく惹きつけられたのだけど…途中から登場人物たちの名前や関係性など訳が分からなくなってしまい、ラストまで読んでも彼女がなぜ作家の女性を嵌めようとしたのか分からずじまい。読み落としてたのかもしれないけれど再読は…しないと思う。私には難解でした。

2018/11/07

buchipanda3

その不気味で独特な読み味に翻弄されたサスペンス連作集。読み終えて振り返ると中々とんでもないものを読まされていたなと思った。いつの間にか操られる恐怖・・。脅迫者の全てを知り尽くしているかのような行動が不気味だった。ある女性に魅了された登場人物らは目の前に起きていることがどういう意味を持つのかよく分からず、気が付いたら引き返せない事態にとなり愕然とする。その各篇の結末はとんでもない内容だがサラッと描かれており、特に3話目のものにはひたすら茫然。最後の締め方を見て主犯者の憎しみの深さに慄いた。

2018/10/14

ピップ

人を陥れる女の話。長編だけど連作短編な感じで飽きずに読めました。15年目の復讐の意味が分かったときは驚きました。ただ、ラストは桑原銀次郎シリーズを読んでないとおもしろさは半減だろうし、結局みんな何をやりたかったのかがイマイチわからなかったのは残念。

2021/04/19

Junichi Yamaguchi

『祟られるのは、私だ』… 「M」の続編。 なかなかスッキリとさせない動機。 幻は「カイン」で掴めるのかな? 次作へ。。

2019/12/15

感想・レビューをもっと見る