読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

洋食 小川 (幻冬舎文庫)

洋食 小川 (幻冬舎文庫)

洋食 小川 (幻冬舎文庫)

作家
小川糸
出版社
幻冬舎
発売日
2019-02-07
ISBN
9784344428324
amazonで購入する

洋食 小川 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

初雪ハロー

小川さんは、最高だった。読みやすい❗何冊か小川さんを読みました。読みやすいです。

2019/03/06

starbro

小川 糸は、新作中心に読んでいる作家です。必ずしも食中心ではない歳時記エッセイ、3年前に書かれた書下ろしでした。著者が夫を何で「ペンギン」と読んでいるか気になります。料理上手な著者の手料理を食べていみたいなぁ。

2019/03/19

のぶ

シリーズになっている小川糸さんの日記風エッセイの新作。3年前の1年間が綴られている。今回は半分、国内。半分、ベルリンぐらいの比率だった。ベルリンの魅力は過去の本で読んでいるが、より一層素晴らしさが出ていたような気がする。今回は愛犬のゆりねも一緒で楽しそうだった。国内の話ではちょうど「ツバキ文具店」の出版時期だったようで、そのあたりの事も書かれている。料理の話もたくさん出てきて、内容は和食も多く、タイトルの「洋食」とはマッチしていない部分もあった。いずれにせよ、糸さんの幸せな生活が伝わってきた。

2019/02/22

mint-s

二人と一匹の穏やかな日々のエッセイ。「手紙時間」糸さんご本人も手紙を書く一連の儀式をとても大事にされている。「ツバキ文具店」は続編を書いて一緒に年を重ねるのもいいなと思っている作品だそう。とても楽しみ♪夏の間のベルリンでの生活、ドイツのワンコたちに影響されてお行儀良くなった愛犬ゆりねちゃんがかわいい。糸さんの素朴な料理はぜひ真似したい、はちみつと牛乳をかけて食べるゆるゆるのコーヒーゼリー、くるみ入りのひじき煮、ピンポン玉くらいのコロッケ....あー美味しそう。

2019/02/24

Shoji Kuwayama

著者の日常を飾ることなく綴ったエッセイです。行間からはご主人と愛犬への愛情が溢れています。大変心の美しい人だなと思いました。素敵なライフスタイルです。毎日を謙虚に丁寧に暮らしていかなきゃと思いました。

2019/02/10

感想・レビューをもっと見る