読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

男子観察録 (幻冬舎文庫)

男子観察録 (幻冬舎文庫)

男子観察録 (幻冬舎文庫)

作家
ヤマザキマリ
出版社
幻冬舎
発売日
2019-02-07
ISBN
9784344428386
amazonで購入する Kindle版を購入する

「男子観察録 (幻冬舎文庫)」のおすすめレビュー

ノッポさんからスティーブ・ジョブズまで! ヤマザキマリ流 極私的“新男性論”

『男子観察録』(ヤマザキマリ/幻冬舎)

 突然だが、あなたは普段、男性のどんなところに“男らしさ”を感じるだろうか。グイグイ引っ張ってくれるリーダーシップ力や辛いときに発揮される包容力、生活に困らないだけの経済力など、世の男性に“男らしさ”を感じるポイントは価値観によって異なる。だが、それは果たして本当に真の“男らしさ”なのだろうか。『男子観察録』(ヤマザキマリ/幻冬舎)は、そんな疑問を投げかけながらまったく新しい“男らしさ”を私たちに気づかせてくれる1冊。ヤマザキ氏といえば、漫画『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン)の作者としても有名だ。

 本書には第14代ローマ皇帝であるハドリアヌス帝やスティーブ・ジョブズ、山下達郎さん、ノッポさんなど系統も生きている時代も異なる男性たちの生き様が記されている。

 そう語るヤマザキ氏の「極私的男性論」に触れると、“男”という生き物がもっと愛おしくかわいく見えてくるはずだ。

■ノッポさんに母性愛を募らせた幼少期

子供の頃、お嫁に行きたい人ナンバー・ワンがこの人だった。

 ヤマザキ氏にそう思わせたのは、かつて教育テレビで…

2019/3/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

男子観察録 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

お腹抱えて笑ってしまった。取り上げる男性自体にもう偏りがあっておかしい。男性というより人間としての観察なことが多い気もするけれど、女性には理解しがたい奇妙なまでの近視的な集中力や周囲を巻き込む困った力への興味はわかりますわかります。須藤真澄さんの漫画でお馴染みのあの編集長が、ヤマザキさんの今を作ったんですねえ。てことはこの編集長と自分、好みが近いってことだわ。ちなみに自分、10代の頃一番憧れていた男性はフィデル・カストロ。理由は生き残り力。

2019/04/18

瀧ながれ

こういう人物論だと、誰(この本だとヤマザキマリ)が誰を取り上げるかという点が、まず興味を引くのだけど、ハドリアヌス帝やボッティチェリやプリニウス、祖父や息子、イタリアで出会った店主、チェ・ゲバラ、空海、山下達郎、とり・みきといった顔ぶれの多彩さに、ヤマザキマリの思考の宇宙の広大さを思ったのです。柔らかくも確かな語り口で、知らない人のこともきちんと伝わって、いいところもちょっと困ったところも含めて、男子たちの魅力が伝わりました。著者による似顔絵も、なんでこの年代を切り取ったのかなという疑問込みで、素敵です。

2019/05/06

メルル

著者が関心のある著名な男性の方々を独特な目線で観察したエッセイ。「男なんてね」と言うまえがきのような物がとても大切。これを読むことでより面白い。単純なようで単純では無い何かを感じた。トム?マルコ?愛はより深い。益荒男を益荒雄と勘違いした私は相撲愛溢れる女だった。

2019/03/29

Sakura

男なんて地球上もっとも無邪気で、無責任な生き物であっ て、そこにまた魅力を見出してしまうのです。作者は。そんな作者が選んだ魅力的な男たち。ハドリアヌス帝、十八代目中村勘三郎、安部公房、ノッポさん、トムとジェリーのトム、奥村編集長、水木しげる、空海、マウロさん、等々。古代ローマ人からアニメの猫、イタリアの食堂の主人まで、破天荒な人生を歩んできた作者ならではのセレクションで、それぞれの魅力をとても理知的に語っています。作者は男前だと思う(笑)。

2019/07/27

にゃおこ

テルマエロマエは発売当時から大好きで、ヒットする前からまわりにかなり布教したものだけど、その他の作品や文章は読んだことなく、TVもほぼ観ないので、どんな方か知らずにいました。テルマエロマエのあとがき?で、なんとなく海外生活の長いアカデミックなセレブと思い込んでて。他の作品も読んでみる。とり・みき氏のも。

2019/02/20

感想・レビューをもっと見る