読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キラキラ共和国 (幻冬舎文庫)

キラキラ共和国 (幻冬舎文庫)

キラキラ共和国 (幻冬舎文庫)

作家
小川糸
出版社
幻冬舎
発売日
2019-08-06
ISBN
9784344428805
amazonで購入する

キラキラ共和国 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kanegon69@凍結中

前作以上に感情移入できた素晴らしい作品でした。今作は代書屋としての描写よりも、家族というものを少しずつ少しずつ大切に味わっていく彼女のひたむきで優しくて真っすぐな思いに心を打たれました。QPちゃんへの溢れんばかりの愛情、ミツローさん、亡き美雪さんへの想い、胸がつまり涙がこぼれてしまう場面が多数ありました。こんな風に人を大切に想えるのは、やはり先代の想いも通じたからなのかもしれない。人は失ってからその大切さに気づく。でも失わない事なんて誰にもできない。だから心の中でキラキラとつぶやき今を大切にしたいと思う。

2020/08/02

さてさて

続編ということもあって、作品冒頭から一気に作品世界に没入できる喜び、奥深い代書の世界に触れることのできる歓び、そしてあまりに美しい言葉が紡ぐ作品世界と戯れることのできる悦びに、なんて幸せな読書なんだろう、と恍惚となった至福の時間でした。「ツバキ文具店」、そして「キラキラ共和国」。しみじみと、いいなあ、この作品たち。ただただ、そう感じました。 小川さん、幸せな時間をありがとうございました。

2020/10/05

SJW

ツバキ文具店の続編。前作の最後に鳩子がミツローにおんぶされてから1年、入籍したところから話は始まる。鎌倉の美味しい食べ物や季節感溢れる自然や風物詩などで彩られる。夏にはミツローの実家(高知)を訪れ家族の素晴らしさを実感するくだりや鳩子の美雪(ミツローの先妻)への思いには涙してしまう。代書の仕事は、目の不自由な小学生のお母さんへの手紙、夫に三行半を突きつける手紙、その夫からの妻への謝罪の手紙、気持ちを打ち明けられない思い人への手紙など代書屋というより人生相談のようであり、感情移入してしまいそうになる。

2019/12/30

はっせー

ツバキ文具店の続編。相変わらず鎌倉とこの小説の雰囲気があっていて読みやすかった!鳩子の周りに大きな変化が起きる。それは結婚したことである!本当に驚いた。その影響によって今まで感じなかったことを感じるようになる。生きていることの奇跡さ。子供への愛情。料理等。やっぱり環境が変わると考え方も変わるんだなって思った。タイトルにもあるキラキラとは、バーバラさんが教えてくれたキラキラの法則。心の中でキラキラと思うと実際の世界もキラキラと輝きだす。わたしもこれから心の中でキラキラとおもって自分だけの共和国を作りたい!

2021/12/16

TAKA

ポッポちゃんが家庭を持ってしまった。なんか辛いww。「幸せは、体がなかったら、感じられないじゃないか。体を作ってくれたのは、おかあさんだよ。お母さんに感謝しなくちゃ」ポッポちゃんも立派なお母さんになるね。キラキラ共和国をQPちゃんとミツローさんと築いてほしい。これ読むと手紙の良さを痛感するけどいざ書くとなると尻込みしてしまうな。手紙が死語になる日も結構早いかもしれん。アジフライのカレーはどうかと…。

2020/12/18

感想・レビューをもっと見る