読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくんちの宗教戦争! (幻冬舎文庫)

ぼくんちの宗教戦争! (幻冬舎文庫)

ぼくんちの宗教戦争! (幻冬舎文庫)

作家
早見和真
出版社
幻冬舎
発売日
2019-12-05
ISBN
9784344429246
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぼくんちの宗教戦争! (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りょうこ

これは前々から文庫化待ちしてました。 同じ家族の中で、神様が2人いるのはキツイな。でも主人がしっかり者だったのが救い。

2020/01/05

shi-

宗教と宗教の対立を題材にした本は読んだことがあったけど、それが家庭内で…。 しかも、両親が信仰しているのは、なんだか胡散臭さが満載。主人公の僕は年齢にそぐわずとてもしっかりしていて、その友達である龍之介くんはこれまた僕に輪をかけてしっかりと自分を持ち、複雑な家庭環境なのに、全然やさぐれず、とてもお互いにいい友人関係を築いている。家庭内宗教戦争もさることなが、今の携帯で繋がった子供たち世代に読んで欲しいな。と、進めようと思ったところで、僕とミッコちゃんのエピソードを思い出し、苦笑いした。

2019/12/27

TAKA

前作とは全く異なる(もう競馬の話は書かないと早見さんが競馬のサイトで言っていた)内容。父親の交通事故をきっかけにバラバラになる家族。父と母が違う宗教にのめり込みそれに巻き込まれて苦労する子供達の奮闘劇。宗教は難しい問題だと思う。行きつけの焼き鳥屋のマスターが知らない人がいる場所では宗教と政治の話はしない方が良いと言ってた事を思い出した。諍いの原因になるからだと。

2020/01/22

kitten

図書館本。早見さんの本は、初めて。タイトルだけ見て借りてみた。小学校5年生の主人公が、それぞれ別の宗教にハマってしまった両親に振り回され、必死に立ち向かう話。誰が何を信じていてもいい。それを押し付けなければ。しかし、宗教にはまらざるを得ない両親の気持ちも理解できる。主人公の親友の龍之介がかっこいい。数少ないまともな大人キャラのマリアがよかった。寛容が大事。「ぼくらの7日間戦争」がキーになってて、懐かしかった。早見さん、私と同世代なんだね。評価、星3。テーマは重いけど読みやすかった。

2020/02/14

なつみかん

この間、映画で見た〝星の子〟と頭の中で対比しながら読んでいた。

2020/12/16

感想・レビューをもっと見る