読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

じっと手を見る (幻冬舎文庫)

じっと手を見る (幻冬舎文庫)

じっと手を見る (幻冬舎文庫)

作家
窪美澄
出版社
幻冬舎
発売日
2020-04-08
ISBN
9784344429611
amazonで購入する Kindle版を購入する

「じっと手を見る (幻冬舎文庫)」のおすすめレビュー

地方で暮らす男女の閉塞感がリアル…不器用だけれどもせつない恋愛小説が文庫化!

本日発売の「文庫本」の内容をいち早く紹介! サイズが小さいので移動などの持ち運びにも便利で、値段も手ごろに入手できるのが文庫本の魅力。読み逃していた“人気作品”を楽しむことができる、貴重なチャンスをお見逃しなく。 《以下のレビューは単行本刊行時(2018年4月)の紹介です》

『じっと手を見る』(窪美澄/幻冬舎)

『ふがいない僕は空を見た』『晴天の迷いクジラ』などの作品で、現代人の抱える孤独を描いてきた窪美澄。彼女の小説に登場するキャラクターたちは、一般的な「幸福」の概念から外れて、痛みを抱えながら生きている。だからこそ、読者は幸福の形がひとつではないと気づかされ、キャラクターに感情移入せずにはいられないのだ。

『じっと手を見る』(幻冬舎)は、文芸誌で連載されていた連作短編に加筆修正をほどこし書籍化した一冊である。ここでは、地方に暮らす男女の閉塞感がリアルに綴られていく。章ごとに視点人物が切り替わり、それぞれの生い立ちが語られていく中、共通しているのは「ここではないどこか」への強い憧れだ。10年近い時間を経て、登場人物の心境にどんな変化が訪れるのか、あ…

2020/4/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

じっと手を見る (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

日奈と海斗の恋愛モノなんだろうけれど、最初から最後までもやもやしたまま終わった感じでした。あらすじを読んで想像していた話ではなく、また好きなジャンルの小説ではなかったのですが、各章での主人公が違っていたので一方通行な目線で読まなくて良かったからかスラスラ読めました。日奈目線だけで進んだら海斗も、畑中も皆最低に見えたと思うし、海斗が終盤で良い男だなんて思えなかったと思います。個人的には海斗には幸せになってほしい。

2020/09/02

エドワード

富士山があり海のない県で、介護士として働く若い男女。「介護士になれば一生食べられる」とはいうものの、現場は苦労の連続だ。たまの休日も、狭い田舎での愉しみは限られている。専門学校の学校案内を制作する宮澤は東京を象徴する、彼らと対極にある存在だ。日奈は宮澤と関係し、介護士仲間の海斗ともつかず離れず。海斗の後輩の畑中真弓も訳ありで…。それぞれの視点から描かれる、穏やかだけど、つまらない日常。「じっと手を見る」は石川啄木の歌だね。高齢化の進む21世紀の地方のリアルさ、そこで生きる人々への暖かい眼差しに救われる。

2020/04/26

ピロ麻呂

恋愛感情なんて一時的なもの。その後も男女が一緒にいられるかは、信頼関係もしくは、妥協、惰性、打算。それにも飽きてくるから、新たな恋愛感情を抱き、快楽を求めて不倫してしまう。強欲な人間の性なのかな。窪美澄作品は恋愛を美化しすぎないからいい。

2020/04/27

ココ(coco)

☆ ☆ ☆富士山の麓で暮らす介護士の日菜と海斗に加えて、東京から来た宮澤、海斗の職場の後輩の畑中を語り手とした連作短編集です。日菜から始まった語り手がどんどん変わっていき、最後も日菜の話で終わりました。最後のシーンで寄り添う2人の姿が想像できました。

2020/04/25

とりあえず…

心の片隅の吹く隙間風。それを寂しいと感じるのも人なら、人心地つくのもまた人。結局大差ないのかも。ぐだぐだな4人を見ながら、なんとなく爽やかを感じてしまうのは文章に清涼感があるからだろうな、と思う。あがきながらも芯の部分の無垢な感じが良い。

2020/05/07

感想・レビューをもっと見る