読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして (幻冬舎文庫)

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして (幻冬舎文庫)

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして (幻冬舎文庫)

作家
島本理生
出版社
幻冬舎
発売日
2020-04-08
ISBN
9784344429666
amazonで購入する

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エドワード

銀の匙をくわえて生まれて来ても、幸福かどうか、生きてみなければわからない。最近の島本理生さんは攻めて来るな。OLの知世が出会った椎名。年が離れた男女のデートは、音楽や映画ではなく食と旅へ向かう。しかも椎名にはエイズという持病があった。江ノ島、大阪、大井川鉄道。愉楽の極みから奈落の底まで、落差の激しい二人の恋を誰が止められよう。結婚相談所に通う藤島茉奈。バーで戦う飯田真澄。二人の親友も恋と結婚に悩む同士だ。「どこへも行ける孤独だってあるだろう。だけど、どこへも行けない孤独だってあるのだ。」至言だ。

2020/05/05

おかむー

こんなに柔らかい島本理生もあるのか。ヒリヒリするような傷だらけのココロに血をにじませる島本節からカドが取れたというか棘が抜けたというか…うーむ違うな。堪えに堪えて結局は全力で飛び込んでダメージをうけていたのが過去の島本作品でしたが、今作では傷つくことを恐れながらいい意味でパートナーとの間合いを測りながら少しづつ距離を縮めてゆくヒロイン・知世と、サブストーリーでは知世の友や妹がココロの在り処に折り合いをつけてゆく。危うそうでも衝突なくハッピーエンドとなるのも島本作品では異例ですね。『よくできました』。

2020/07/19

アッシュ姉

美味しい本を求めて手にしたら恋愛小説だったが、思いの外よかった。バツイチで年の差があって難病を抱えてと聞くとちょっと腰が引けてしまうが、とっても素敵な椎名さんと出会った知世。食と旅を通してゆっくりと近づいていく二人が好ましい。みんな幸あれと心から願う。穏やかで優しい読み心地のなか、どうしても気になって仕方がなかったことが登場人物の名前。主人公が知世で恋人が椎名さん。ん?んん?椎名桔平と原田知世はやっぱり再婚するの?島本さん何か知ってるの?どうなの~!と悶々とした桔平ちゃんファンの私なのでした。

2021/09/22

misa*

大好きな島本さんの作品。単行本で一度読んでいたけど、手元に欲しくて文庫を。とっても大人で優しい椎名さんと、おっとりしていそうで芯は強い知世。二人の微妙な距離が少しずつ近づくにつれて、脆さや弱さが見え隠れしつつもお互いを大切に想える絆がとっても好き。そして何よりも美味しそうな食べ物の数々と、旅先の描写がたまらなく楽しい。心地良い距離感でいられて、美味しい物を二人で美味しいと言えるって、本当に幸せだ。まさにこれがあったからこそ、今あたしは夫婦でいるような気がする。本当に素敵な一冊だ。

2020/05/03

は?

やさしさ,したたかさ,脆さ,大人の心にも必ずある 他人にはもちろん自分自身にも誠実でありたい / 二人の距離感が絶妙 知世の見た夢が現実となり永遠に続きますように

2020/05/20

感想・レビューをもっと見る