読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

潮騒はるか (幻冬舎時代小説文庫)

潮騒はるか (幻冬舎時代小説文庫)

潮騒はるか (幻冬舎時代小説文庫)

作家
葉室麟
出版社
幻冬舎
発売日
2020-06-11
ISBN
9784344429987
amazonで購入する Kindle版を購入する

潮騒はるか (幻冬舎時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てつのすけ

葉室さんが亡くなられて早くも3年が経った。葉室さんの作品を読んだ後は、いつも清々しい気持ちになれる。新たな作品を読むことはできないが、気分が落ち込むときには、葉室さんの作品を読んでみようと思う。

2020/10/18

えみ

まさかこんなところでその名を聞くなんて!攘夷派志士「平野国臣」。文久3年8月22日に京都五条の山中成太郎宅、24日に三条通りの豊後屋に平野潜伏の情報を得て新選組が捕縛に向かったが、不在で取り逃がした。という新選組側からの情報でその名を記憶。元治元年7月には六角獄舎で処刑されてしまったけれど、そんな彼の男気をまさかの『風かおる』の続編『潮騒はるか』で知ることになろうとは…。おまけに松本良順や勝海舟なども登場する幕末万歳な一冊。鍼灸医の菜摘に夫の亮、弟の誠之助と彼を慕う千沙。いい人が4人揃えば事件も解決する!

2020/10/21

黒豆

幕末の医者の物語、この時代を描くと有名人当然登場、実名は致し方ないかな?解説に続編はない、葉室麟さん亡くなられたんだと解説を読んで思い出した。そして、吉村昭さんの「ふぉんしいほるとの娘」のはなしも!

2020/07/01

myu-myu

「風かおる」の続編とは知らず、先にこちらを読んでしまったけれど、違和感なし。あっという間に読んでしまった。

2020/09/21

kazu4

「風かおる」続編。 夫婦の在りかた。女性の強さについて。いろいろ考えさせられました。時代劇であるが、根本的な考え方はいつの時代にも共通性がありますね。

2020/07/04

感想・レビューをもっと見る