読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

またもや片想い探偵 追掛日菜子 (幻冬舎文庫)

またもや片想い探偵 追掛日菜子 (幻冬舎文庫)

またもや片想い探偵 追掛日菜子 (幻冬舎文庫)

作家
辻堂ゆめ
出版社
幻冬舎
発売日
2020-10-07
ISBN
9784344430280
amazonで購入する Kindle版を購入する

またもや片想い探偵 追掛日菜子 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

相変わらず日々「推しゴト」に大忙しの女子高生・日菜子。なぜか彼女の推しが次々と事件に巻き込まれ、妹思いの兄・翔平と共に事件の解決に動き出す第二弾。強盗の犯人として逮捕される特撮俳優、負傷した交番の警官、テレビ出演する大学生クイズ王のヤラセ疑惑、こだわりのラーメンを作る友人の父、弟子の作品横取り疑惑の人間国宝。いや何でそれ推すのよと突っ込みたく人もいましたが、今回も彼女のストーカーじみた執念深い行動力からの推理が冴えわたって、なのにわりと飽きっぽい日菜子に苦笑いでしたけど、追掛家の女はみんなこうなんですかw

2020/11/17

nemuro

シリーズ第2弾。「好きな相手の情報を調べ上げ追っかける超ストーキング体質。そのスキルを駆使して事件に巻き込まれた“推し”を救い事件を解決」。そんな、追掛日菜子。今回の推しは、特撮俳優、お巡りさん、クイズ王、友達のパパ、人間国宝の5人。好きになったらトコトン。で、冷めやすい。女子高生探偵は、なかなか忙しい。それにしても随分と軽い。などと思いながら本棚を眺めてみたらデビュー作の『いなくなった私へ』をはじめ彼女の本が8冊。うち7冊が未読。先行投資というか見切り発車というか。そうなると他も読まずにはいられない。

2021/02/17

うまる

推しに全力投球!重課金!のストーカー(グレーゾーン)探偵がパワーアップして帰ってきました♪ 話のおおまかな流れはパターン化しているものの、対象の推しがマニアックな所が面白いし、アプローチの仕方も多種多様なのでマンネリ感を全く感じません。推し界隈の雑学が得られるのも楽しいです。今回は絶対にストーカーしてはいけない職業の人が推しになった事と、最終話で推しの最年長記録を更新した事に笑いました。いつもながら巻き込まれる可哀相なお兄ちゃんがまた面白い。 3巻はあるんでしょうか。凄く好きなので続いて欲しいなぁ。

2021/01/12

信兵衛

ライトノベル的ミステリですが、辻堂ゆめ作品とあれば、読み逃しはしたくないという気持ちで読書。

2020/10/18

Junichi Yamaguchi

『もう、恋なんて冷めたよ』… シリーズ2作目。 ストーカーの流儀とでも言うのか。 エキセントリック モンスターの恋はまだ続くのかな? 次はどんな推しを見つけるのか? 楽しみに待ちたい。。

2021/01/03

感想・レビューをもっと見る