読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

作家
住野よる
出版社
幻冬舎
発売日
2021-01-14
ISBN
9784344430525
amazonで購入する Kindle版を購入する

「麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)」の関連記事

人と違っていたとしても、自分のペースで生きてみよう。『麦本三歩の好きなもの 第一集』/佐藤日向の#砂糖図書館⑰

5月に入ったあたりから自分にエンジンをかけるのにとても時間がかかってしまい、常に間に合うか間に合わないかのギリギリのラインで、物事を進めてしまう。

頭ではやらなくては、と理解しているのだが、最初の一歩がなかなか踏み出せないのだ。そして、やらなくてはならない事が山積みな時に限って、部屋の掃除を始めてみたり、見つけた本を読んでしまう現象が起こる。きっとそれは心が疲れていたり、元気が足りないからだと私は思う。

今回紹介する住野よるさんの『麦本三歩の好きなもの 第一集』は、心に栄養が欲しい時にぴったりの作品だ。

本作は、大学の図書館員として働く主人公・麦本三歩の、何でもない、でも愉快な日常生活について、三歩が好きなものを詰め込んで描いた12編の連作短編集となっている。

"住野よる"さんという名前を聞いて、多くの人にとって最初に思い浮かぶ作品は、きっと『君の膵臓をたべたい』だろう。高校生の頃に読んだ『君の膵臓をたべたい』が印象に残っていたので、住野さんのお名前を見つけ、本作を手に取ってみたのだが、読了後の陽だまりに当たっているような感覚が今までに無い感覚で、心地…

2021/5/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

図書館司書・麦本三歩の日常を描く短編集。所謂・天然キャラのヒロインが職場や私生活での出来事や思ったこと感じたことを修飾なく綴った風の構成。周囲からの見られ方とは裏腹に、彼女も人並みにいや人並み以上に様々なことを考えている。たまにはどす黒い思いを抱いたりもするけれど、イヤな感じにならない筆致で綴られ終始楽しく読める。「君が好き」が交叉する想いが伝わり秀逸。あとは「ブルボンが好き」「ファンサービスが好き」あたりでしょうか。また2月には第2集が刊行されるようなので手にしようと思います。

2021/01/18

bunmei

これまでの住野作品とは全く違う作風で、自由気ままな筆致で描かれている。図書館司書として働く女子の、ごく普通の日常を切り取った短編集。但し、この女子・麦本三歩は、個性豊かで、場を読めないちょっと風変りな女子。ぼーっとしていて、食いしん坊、おっちょこちょいに、間抜け…。正直、こんな女子が職場に居たら、こちらがイライラして好きになれないだろう。しかし、三歩の周りの人々は、そんな三歩を疎ましく思いながらも、温かく見守ってくれている。それは、ある意味、真っ直ぐで素直な三歩の存在が、眩しいからなのかもしれない。

2021/04/10

ベイマックス

シリーズ化するのだね。小説は(映画もかな)殺人とか事件が起きたりの推理小説、恋人が余命宣告を受けたりの恋愛小説など、非日常がないとダメだと思っていた。私小説もあるけど…。住野よるさんは、麦本三歩の日常を描き切っている。でも、正直、三歩が職場にいたら「イラっと」しちゃう、器の小さい自分がいます(笑)。第二集も楽しみです。

2021/02/06

芳樹

図書館で働く20代女子の麦本三歩。人見知りで、ぬけたところがあり、でも憎めないキャラクター。そんな彼女の日常がコミカルな地の文で綴られる短編集。どうせ毎日をすごすなら、嫌いなものではなく好きなもののことを考えていたい。そういう風に生きられればとても気が楽だし素敵ですね。三歩の大恋愛が描かれるわけでも、仕事への熱い情熱が語られるわけでもない。ちょっと(?)ズレているけど、どこかにいそうな一人の女子が自由に生きる姿を描いた心温まる小品集でした。第二巻も楽しみです。

2021/02/10

SJW

大学図書館司書の麦本三歩は、職場でドジで間抜けな所が三歩らしいと、怒られたり突っ込まれたりされる。そんな三歩は三歩らしいと弄られて、可愛がられる姿が笑える連作短編。何でもない日常を幸せと感じる前向きな三歩にちょっと癒されながら読了。

2021/08/08

感想・レビューをもっと見る