読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

四十歳、未婚出産 (幻冬舎文庫)

四十歳、未婚出産 (幻冬舎文庫)

四十歳、未婚出産 (幻冬舎文庫)

作家
垣谷美雨
出版社
幻冬舎
発売日
2021-02-04
ISBN
9784344430570
amazonで購入する Kindle版を購入する

四十歳、未婚出産 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ココ(coco)

☆☆☆★40歳の未婚の優子が、一夜限りの情事により、妊娠して結婚する事なく子供を産む話です。マタハラ上司とか、勘違い男達が出てきますが、同級生の住職に救われた感じです。最後に、前向きな姿勢の優子を応援したいです。

2021/02/17

えみちゃん

以前より気になっていたこの本。文庫化されたのでさっそく読み始めたのですが・・。四十歳目前で予期せぬ妊娠⁉これを天が与えた最後のチャンス⁉・・っと未婚で出産するのか?古臭い田舎の偏見を持つ母親に相談するワケにもいかない。子供の戸籍問題、産休&育休問題、保育園問題などなど問題山積。優子は直面した危機をどのように切り抜けていくのか・・ってことでことで読み始めたのですが・・。ゲスな部下(←古い⁉笑っ)に男尊女卑を隠すこともしないサイテーパワハラ上司に女を見下した

2021/02/16

さわ

40才で未婚出産とならば、実家で親の手を借りて育てるか、都心ならお金があればシッター雇って育ててくんだろうな?と思ってたら違った。出産に行き着くまでの職場男性の差別発言や後輩のいやがらせなど、読んでてスカッとした気分にはならなかったなー。住職の考え方と国際的な子供たちの事は良かったです

2021/02/07

みかまる

多少はオーバーに描いているかもしれないが、未だにこんなマタハラ上司がいるのかと驚愕。人種差別も然り。こんな風化した思想今時ありえないと思ったが、そう言えば最近女性蔑視問題が話題だなと思い至り、日本の古く腐った思想に悲しくなった。この本自体は周囲の冷たい視線に悩みながらも前を向いて行く主人公が良いいい作品だった。

2021/02/17

きょうちゃん

色んなテーマのある本で考えさせられることも多かった。いつものことながら主人公の優柔不断さにはイライラしましたが。

2021/02/28

感想・レビューをもっと見る