読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キッド (幻冬舎文庫)

キッド (幻冬舎文庫)

キッド (幻冬舎文庫)

作家
相場英雄
出版社
幻冬舎
発売日
2021-06-10
ISBN
9784344430877
amazonで購入する Kindle版を購入する

キッド (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥))

上海の商社幹部の警護を請け負った元自衛隊員の城戸。だが、訪問先の福岡で彼が射殺されてしまう。容疑者として追われる身となる城戸。刑事部、公安部、海洋進出を狙う中国と日本の関係、物語の構図には目新しさは無いが、テンポ良く読ませるストーリーは面白い。大規模な監視システムも知らないだけで、実際には既に運用されているとしたら怖いなぁ。ラストがもやっとした感じなのは真相は闇の中ということだろうか?尖閣水域に毎日のように出没して日本を牽制するお隣の国。実際にこのような事が起きたら日本はどう対応するのだろうか? ★★★+

2021/06/13

ドットジェピー

ハラハラドキドキしました

2021/07/15

のじ

なぞの中国人に護衛を依頼された城戸、追う志水、マスコミの大畑、それぞれが交錯してなかなかに息もつかせぬ展開。話が大きくて収拾しきれない感じだけれど、面白かった。監視カメラやスマホなどあらゆるもので監視されている設定で、実際こうだったらかなり嫌だなと思った。

2021/07/19

shonborism

主人公の城戸と公安の志水の視点が交代で進む。舞台設定上常に追っ手がいる状態なので非常にハラハラする。志水はじめ、他の作品のキャラが本作でも重要な役割を演じる。鴨志田との決着が描かれることはあるのかな。

2021/07/04

TONTON

「震える牛」の作者が描く、元エリート自衛官と国家権力、そしてメディアの息詰まる戦い。週末に一気読みでした。映画「イーグル・アイ」を思い出させるリアルタイムの監視社会は、安心・安全を大義名分にしたビッグデータの処理能力の急速な拡大で、もうとっくに実現しているのでしょうか。作中で主人公の暮らしている香港も現実には急速に「91」に取り込まれています。映画化してこの世界のリアルな恐怖を多くの人々に伝えて欲しいと思います。

2021/06/20

感想・レビューをもっと見る