読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あぁ、だから一人はいやなんだ。 (幻冬舎文庫)

あぁ、だから一人はいやなんだ。 (幻冬舎文庫)

あぁ、だから一人はいやなんだ。 (幻冬舎文庫)

作家
いとうあさこ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-06-10
ISBN
9784344430891
amazonで購入する Kindle版を購入する

あぁ、だから一人はいやなんだ。 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばゆみ

めちゃくちゃ面白かった〜!文章が、いとうさんの語り口をそのまんま文字にしたって感じで、勝手にいとうさんの声で脳内再生される(笑)。どのエピソードも面白いけど、オアシズ・大久保さんの家族旅行にいとうさんが1人で同行する話が特に好き。だって完全に他人の一家(叔母とかいとこも含む)と宿泊を伴う旅行とか、大多数の人は行かないと思うから(笑)。そして呑めないのにめっちゃお酒が飲みたくなる〜

2021/07/02

まなみ

面白くて元気になる一冊だった。なんて読みやすいの!!あさこさんの文章すきだし、みんなに愛されてるんだろうなぁっていうのが伝わってくる。あさこさんの愛があるからこそでしょうが。愛が詰まった方なんだなぁ。読んでる間、あさこさんの笑い声が聞こえてくるようで、とっても楽しい気持ちだった。酒飲みとしては<今日の乾杯>も最高。

2021/08/01

espoir

出てくるお酒のおつまみが全部美味しそう。大久保さんとの仲良しエピソードにほっこりした。

2021/07/21

titilogy1739

面白かった。今日の乾杯すき

2021/07/20

mikarin811

タイトル通り「あぁ、だから一人はいやなんだ。」と思いながらも強く逞しく生きているいとうあさこさんに励まされホッコリする本。真っ直ぐに誠実に仕事に向き合っているいとうあさこさんの仕事っぷりに感動し力をもらえると言うのが何かわかる気がして舞台を観てみたいと思った。自分と同様に一人は嫌だと思いながら生きている一人がいる事に勇気づけられ励まされ何か頑張ろうって思える。この歳になると現状維持が最大の前進となりうることにハットした…。

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る