読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思い出菓子市 お江戸甘味処 谷中はつねや (幻冬舎時代小説文庫)

思い出菓子市 お江戸甘味処 谷中はつねや (幻冬舎時代小説文庫)

思い出菓子市 お江戸甘味処 谷中はつねや (幻冬舎時代小説文庫)

作家
倉阪鬼一郎
出版社
幻冬舎
発売日
2021-06-10
ISBN
9784344430983
amazonで購入する Kindle版を購入する

思い出菓子市 お江戸甘味処 谷中はつねや (幻冬舎時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

腕くらべの次は見本市。楽しそうな生活振りが癒やしてくれます。のどか屋シリーズとのコラボも

2021/09/30

じお

★★☆☆☆ 作者初読み、何となく手にとって何となく読んだが、文章も話も淡白すぎて、何も感想が出てこない。

2021/07/18

まき

菓子の見本市は現在のデパートの催事場みたいで面白かった。何もかもが上手く行きすぎて読んでいて安心するけど物足りなさも。音松の新しい銘菓作りも気にはなるが、続きは読まないかなぁ。

2022/05/30

nyanlay

仕方ないんだけどやはりのどか屋シリーズと似てる。でちゃっかり出てきてるし。

2021/08/10

ちゅるふ

そして、横山町の豆腐飯旅籠屋登場。

2021/06/12

感想・レビューをもっと見る