読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

善人と天秤と殺人と (幻冬舎文庫)

善人と天秤と殺人と (幻冬舎文庫)

善人と天秤と殺人と (幻冬舎文庫)

作家
水生大海
出版社
幻冬舎
発売日
2021-10-07
ISBN
9784344431362
amazonで購入する Kindle版を購入する

善人と天秤と殺人と (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

「善人マニア」改題。水生さんの初期作品、少し物足りなさはあるかも。珊瑚と翠の2人の女性。中学の修学旅行で男が死ぬという事故を起こし秘密のまま卒業。そして17年後に偶然の再会、義姉と義妹として。2人の性格の真逆さが読んでいてイライラを募らせる。翠の自由奔放な行動を珊瑚は止めに止められず。昔のあの秘密をバラされると困るし…。と、思っていたらどうやら忘れているらしい。でも、翠は珊瑚の別の秘密を知ってしまった。そこからストーリーはてんやわんやの大騒動。かくして善悪の天秤は平等になるのか?ラスト一行までイヤミス。

2021/10/14

HASETSUKI, Motoya

結婚を間近に控えた珊瑚は、婚約者の妹として現れた翠に驚愕する。翠は中学時代の同級生であり、修学旅行での「ある秘密」を共有する相手だった。 定職に就かずにふらふらしている翠は、兄と珊瑚の新居に転がり込む。そして思いがけない事件が起こり……。 新刊告知まつりでうかがった白水生と黒水生のお話を思い出す。本作はガッツリ黒水生な作品で、珊瑚も翠もえげつないところがあるけれど、ぐいぐい引き込まれてしまう。修羅場が凄まじく修羅場なのに、絶妙な滑稽さがあって「うわぁ」と声が出てしまった。ラストのダークな爽快感が素敵だった

2021/10/22

アケミ

翠の身勝手さにこちらまでイライラしてくるけど、珊瑚も大概。阿曽も最悪。

2021/10/17

感想・レビューをもっと見る