読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あなたに捧げる私のごはん (バーズコミックス スペシャル)

あなたに捧げる私のごはん (バーズコミックス スペシャル)

あなたに捧げる私のごはん (バーズコミックス スペシャル)

作家
松田洋子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
2019-01-24
ISBN
9784344843776
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

保育園で出会った幼馴染みの(菜恵)と(翔ちゃん)。ふたりは念願かなって結婚──でも、そんな夢のような時間は束の間だった。新婚旅行の帰りの飛行機で翔ちゃんが心不全で突然の他界。これから始まるはずだった新婚生活を菜恵はひとりで迎えねばならなかった。そんな悲しみのどん底にありながら、菜恵の愛情は変わらなかった。お供えと称して作る思い出満載の料理は、時に甘く、時にしょっぱく……涙なしには語れぬ極旨料理ばかり。未亡人・菜恵の切なくて、可愛すぎる、夫への愛情の行方は……。

あなたに捧げる私のごはん (バーズコミックス スペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひとみ

幼馴染として出会いずっと好きだった夫とのハネムーン帰りの飛行機の中で亡くした新妻兼未亡人が、夫へのお供物を作ったり食べたりするちょっと変わった食べ物漫画。回想で語られる過去の二人の臆面も無い仲良しぶりに胸焼けしそうになるが、これだけ愛し愛されている夫は既にいないというのを思い出すとやはりしんみりしてしまう。不幸の只中にいるように見えてもそればかりでない、という描き方がやっぱり松田洋子よなあと思う。「虎は死して皮を残しウガンダ・トラは死して名言を残す」が素晴らしいなと。レモン鍋が食べてみたい。

2019/01/29

8月24日生まれ

「食いものジャンルはもうとっくに食いつくされてるでしょ」「あと食べられてないのは仏壇のお供えものぐらいじゃない?」というノリで始まってしまったグルメマンガ。本編を読んでから後書きマンガを読むと、松田洋子も苦労してるなと思う。

2019/01/29

いなっち

「ママゴト」が良かったので同じ作者ということで購入しました。せつなくておかしみのあるお話でした。遠距離恋愛、、。

2019/02/07

psy

松田さんの作品を読むのは実は初めて。とても面白かったです。毎回とっても美味しそうですが、グルメ漫画とは1味違ったテイストかと。きっと、菜恵ちゃんは今後も美味しく食べてってくれるのかなと。こういうつくりなのでしょけど、翔ちゃんの顔が最後まで見れんのだな〜と。あと、菜恵ちゃんのご両親も出てこなかったなーとか。松田さんの作品、また読んで行きたいです。

2019/01/28

mnagawa

後書きから読んではいけないたぐいのマンガのひとつ。読むとお題をもらった漫画職人が仕事してるってこういうことかしらと違う方向の関心で読むことになる。でも仕事ってこういうことだよね、などとわからん理屈を。私はもうお腹いっぱい。

2019/01/24

感想・レビューをもっと見る