読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

祟り神様の愛し子 (幻冬舎ルチル文庫)

祟り神様の愛し子 (幻冬舎ルチル文庫)

祟り神様の愛し子 (幻冬舎ルチル文庫)

作家
高岡ミズミ
麻々原絵里依
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
2019-03-04
ISBN
9784344844131
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

【イラスト付き】夜の神社で幼い奏を助けたのは、真っ黒な大鴉。恐ろしく語り聞かされてきた〈夜尾様〉を目の当たりにし、母を置いて今すぐ死ぬわけにはいかない奏は「二十歳になったら」と約束してしまう。果たして約束どおり魂を渡そうとする奏に、色事ひとつ経験しないままでは不憫と「分割払い」を提案する夜尾様。そして人の姿に変化して奏にキスを……!?電子限定書き下ろしSSを収録!!

祟り神様の愛し子 (幻冬舎ルチル文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

禍腐渦狂紳士タッキー(戦鬼シャーリィ)

【魂などとは関係なく、儂は奏と口吸いをしたいのだ(黒羽)】エロス度★★黒羽×奏♡忘れ去られた鴉の祟り神と天涯孤独となった青年、幼き日に魂をあけ渡す契約を交わした2人の再会ラブ。黒羽は祟り神といっても後半に登場する敵役によって貶められただけで、村人たちに信じてもらえなかった黒羽の絶望や悲しみを思うと泣けてくる。鴉から人の姿に変わり、奏とのキスやエッチなことに夢中になる黒羽や共に過ごすうちに黒羽に惹かれていく奏の変化が尊く、黒羽の〝魔羅〟って単語にドキドキしちゃう。恋人になる前の2人のイチャイチャ(続)

2019/03/09

しましまこ

なんて不憫で優しい祟り神と善き青年。

2019/03/16

つき

題名は祟り神様だけど、そんなに恐い神様ではないので、安心ですよ。 むしろ可愛くてピュアピュアな神様ですよ。 受けの奏もピュアピュアで、お似合いのカップルでした。でも、一番好きだったのは奏のお母さんでした。とっても素敵なお母さんです。

2019/03/04

ニャンざぶ

攻が適度に俗っぽいところがよかったです。

2019/03/19

感想・レビューをもっと見る