読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吉田松陰 天皇の原像

吉田松陰 天皇の原像

吉田松陰 天皇の原像

作家
石川忠司
出版社
幻冬舎
発売日
2016-04-15
ISBN
9784344952980
amazonで購入する

吉田松陰 天皇の原像 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

harass

吉田松陰は明治維新の誕生に非常に貢献したといわれるのだがさほどの業績があるわけでもないし、人物を育てたといってもそこまで多くない。ではなぜ、ここまで彼がもてはやされているのかと、著者は疑問を呈する。吉田松陰は近代国家創立の「神話」とされたと、著者は論じていく。吉田の生涯と彼の天皇主義者の思想を考察していく。個人的にあまり知識がない項目であるが、実にスリリングだ。

2017/07/09

₭€₦ ㉿θЇ¢ħɨ฿ᾶr₳

「事前=主意と事後=効果だけが浮き彫りになって、肝心の行為自体が忘却される」という悪しき観念論を批判しながら、吉田松陰を「主権国家創設の『神話』を生き抜いてしまった人」と位置づけ、「優れた教育者や真の愛国者などという衛生的なイメージ」から離れ、「破格な人物が破格であるがゆえに必然的にそなえる暴力性や不穏さを丸ごと受け入れ」る試み。ドゥルーズのヒューム論も援用され、一気に読めるのに読み応え十分。

2016/05/07

感想・レビューをもっと見る