読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

虹色のチョーク

虹色のチョーク

虹色のチョーク

作家
小松成美
出版社
幻冬舎
発売日
2017-05-19
ISBN
9784344979048
amazonで購入する Kindle版を購入する

虹色のチョーク / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。業界的には先細りのチョーク製造業。知的障害者が7割占める業界シェア5割の日本理化学工業で働く社員、家族、社長などのルポルタージュ。集中力の持続と検査能力の高さに気づき健常者より高い品質の商品を作り出す企業。そこに行き着くまでの苦労はこの本では語り尽くせないだろうけど、 その一端が垣間見えました。放送された映像も見てみたいです。

2017/11/16

しいたけ

働く喜び。誰かのささやかなともしびになっているという誇り。人生においてこの感情は、何物にも代え難い宝石なのだろう。チョーク業界の50%のシェアを占める「日本理化学工業」は、従業員の7割が知的障がい者だという。障がいのある者もない者も、この会社で働くことが楽しくて早い時間に出勤し、休みの日にも会って遊ぶほどだそう。0.1ミリ単位の品質基準のチョークを作るために、それぞれの従業員が「この人なくして成り立たない」という存在になっている。熱い感動を書ききれないので、是非読んで欲しい。会社は従業員のためにある。

2017/06/20

いつでも母さん

恥ずかしながら、読友さんのレビューを読むまでこの会社の事も山本会長の事も知りませんでした。ダストレスチョーク、キットパス素晴らしい製品ですね。それを製作している社員の7割りが知的障がい者だとは・・日本にもこんな素晴らしい会社があるんだと思うとちょっと誇らしい。健常者との共存、雇う側の苦悩・・ちょっと胸が熱くなる。全ての障がい者がここに就職できる訳じゃない。けれど、58年も雇用し続けてきたんだ。そして業界トップシェアを成し遂げたんだ。他の会社にも一考願いたいものだ。その時日本は明るい国になっているだろう。

2017/07/03

miww

「日本でいちばん大切にしたい会社」として知られるようになった日本理化学工業。先日テレビに映し出されていた従業員の生き生きした姿とその取り組みに感銘を受けた。従業員の7割が知的障がい者でその人たちが製造ラインのほぼ100パーセントを占める。健常者以上の集中力を始めとする彼らの能力を見極め適所に配置する職場の環境作りに頭が下がる。4つの人間の究極の幸せ。「人に愛されること、褒められること、役に立つこと、必要とされること」に納得。働くことによって得られる幸せを彼らにも、とその場を提供する会社の理念が素晴らしい。

2017/09/23

chimako

巻頭の写真が良い。1本のチョークを愛おしそうに見つめる目差しと真剣で妥協を許さない真摯な姿勢。そして笑顔。仕事をするというのは喜びなのだと改めて思う。必要とされ役に立つことで自分の立ち位置が確認できる。人と触れあうことで世界は確実に広がっていく。施設で手厚く保護されることが幸せではないと目からうろこが落ちた。障がい者の就労はなかなか厳しい。就職してもその力を発揮することは難しい。雇用側にもスキルが必要である。国はそこに力を入れてほしい。仕事をする者の笑顔に勝る業績はない。

2017/07/18

感想・レビューをもっと見る