読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池上彰のはじめてのお金の教科書

池上彰のはじめてのお金の教科書

池上彰のはじめてのお金の教科書

作家
池上彰
ふじわらかずえ
出版社
幻冬舎
発売日
2018-09-06
ISBN
9784344979871
amazonで購入する Kindle版を購入する

池上彰のはじめてのお金の教科書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごへいもち

アメリカの印刷局で池上さんが買った裁断前の32枚綴りの1ドル札がおかしい、売価は60ドル以上だそうだ

2018/10/07

デビっちん

お金についての教育こそ小学生のうちから義務にすればいいのにと感じました。死ぬまでずっと関係するものなのですから。そうならないのは、それをされると困る人がいるからなのでは?と思います。なので、自分から学びに行きましょう。

2019/11/08

mintia

大人の自分が読んでも為になりました。あやふやだったことがすっきりと理解できました。

2018/11/20

HNYYS

図書館本。株の話など、子どもに説明するには分かりやすい本でした。

2020/02/22

あお

買い物は選挙と同じこと。保険は「大数の法則」でなりたっている。たくさんの人が集まると、そのうち何人が病気になったり亡くなったりするかだいたいわかる。お金を稼ぐときに一番大切なことは、人が喜ぶことをすると、自分ももうかる、ということ。あたりまえでわかったつもりになっていることを再度確認できた。大人にとっても良い本。社会の教科書もこのぐらい分かりやすかったらいいのに。

2019/01/04

感想・レビューをもっと見る