読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る! (幻冬舎新書)

世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る! (幻冬舎新書)

世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る! (幻冬舎新書)

作家
中条省平
出版社
幻冬舎
発売日
2018-03-29
ISBN
9784344984950
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

この1冊なら挫折しない。憧れのフラ語が、ついにあなたのものに! 外国人かつ初心者なのだから完璧なんか目指さない。すると、すらすら読める。おおよそが頭に入る。歴史的入門書の誕生!

世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る! (幻冬舎新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Takeya

いつかは学びたい、大学の第2外国語でやったのに全然ダメだった、という人は多い。日本人の西洋への憧れを凝縮するかのような、ちょっとむずがゆい魅力ある言葉それがフランス語だからだ。同時に男性・女性名詞、多くの冠詞、複雑な活用など難関門が待ち受けているとも聞き知る。が、完璧なんか目指してはいけない。みなさんは外国人で初心者なのだから。まずは本書を気楽にパラパラとめくってみてください。読めば、フランス語の大体が頭に入り、恐れる気持ちが消えます。エッセイのようにすらすら読める、フランス語の画期的入門書!

2019/01/02

ふろんた

法則さえ理解すれば、読むことはできると。但し意味は分からないが。とはいえ、読めればその先も行けそうなので、なかなか面白いアプローチではある。

2019/07/03

PAO

語学の本にありがちな上から目線ではなくフランス語に親しみを持つようにしてくれている態度に好感を抱きました。ページを進むことも優先してしまったので復習問題はきちんとは出来ませんでしたが折に触れて復習していきたいと思いました。本当に初歩的な紹介書ということは解っていますが「”R"の発音は外国人なのだから出来なく当たり前」「フランス人は誰でもフランス語を話す」という言葉に勇気づけられてちょっと頑張ろうかなという気にさせてくれたのは大きいと思います。ルーブルに行ったときに絵の題名を読める様になりたいですね。

2018/07/03

袖崎いたる

フランス語を習わせたい人に贈りつけてしまおうか…。あるいは、上級者がビギナーの目線を忘れないための?

2018/04/18

にきゅ

入門編。なんとなく匂いを嗅ぐ感じかしら。道は険しく、果てしないよね。第二外国語でとり、なんとなく諦めたくなくて、フランス人の先生に習ってみたり、日本人の先生に習ってみたり、している現状。

2018/09/03

感想・レビューをもっと見る