読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

作家
平山夢明
出版社
幻冬舎
発売日
2018-07-30
ISBN
9784344985087
amazonで購入する Kindle版を購入する

「恐怖の構造 (幻冬舎新書)」のおすすめレビュー

ホラーを好むのは人生に絶望している人? 恐怖を感じる構造をズバリ分析

『恐怖の構造』(平山夢明/幻冬舎)

 私は怖い話が大好きなので、夏になり怪談特集や心霊ドラマなどが増えてくると、欠かさずチェックしている。だが、基本的には「好き」なのだけれど、時々気分が乗らない時がある。「なんか、怖いから観たくない」と思う。これはおかしな話で、そもそも怪談は「怖い」のだ。いつもはそれを求めているくせに、突然「怖い」を避けたくなる。…恐怖ってそもそもなんだろう? 『恐怖の構造』(平山夢明/幻冬舎)は、ホラー作家の名手である著者が、「恐怖」のメカニズムを徹底考察した「『怖い』の理由が分かる」1冊だ。

■なぜピエロは恐ろしく見えるのか…その理由は?

 最初に言っておきたいのは、本書は「怖い理由を探る」というテーマなので、本書自体に「恐怖」はない。なので、「自分ってどうしてこんなに怖がりなんだろう?」とビクビクと思っている人も、安心して(笑)読めるのではないだろうか。

 もちろん、ホラー大好きな読者には強力にオススメできる。小難しい学説や理論ではなく、小説家の著者が「『恐怖書きのプロ』として持論を展開」しているので、読み物としても魅力があり、…

2018/8/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「恐怖の構造 (幻冬舎新書)」の関連記事

【文芸・カルチャー編TOP10】2019年人気記事ランキング

 日本出版販売(日販)とトーハンが発表した「2019年 年間ベストセラー」によれば、2019年もっとも売れた文芸書は、瀬戸まいこ氏著の『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)だそうだ。血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった少女の物語は「本屋大賞」を受賞したことから人気に火がついた。その他にも魅力的な文芸書・カルチャー本が発売された2019年。

 ダ・ヴィンチニュースユーザーたちは今年、どんな記事を読んだのだろうか。見てみると、年間ベストセラーにはランクインしていない作品ばかりで、まだ読んでいない本に出会うことができる!早速、「2019年人気記事ランキングTOP10【文芸・カルチャー編】」を見てみるとしよう。

【第1位】夕方の神社には“アレ”が出るのでお参りはご法度。宮司が聞いた神社にまつわる怖い話

『神恐ろしや』(三浦利規/PHP研究所)

 秋田県・伊豆山神社の宮司・三浦利規さんが、神職を通して知り得てきたという数々のエピソードを描いた本。それが『神恐ろしや』(PHP研究所)だ。

 この本のエピソードは、どれも独特な不気味さをかもし出してい…

2019/12/28

全文を読む

関連記事をもっと見る

恐怖の構造 (幻冬舎新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

ためになった。「不安は恐怖よりストレス」は重要なキーワードになりそう。恐怖を感じるシチュエーションについて作家としての自身の感覚をエッセイ風に綴った本。紹介のあった『ブレイブ』も読んでみたい。学者でないためか読んでて楽しいがまとまりが薄いが、作家として怖がらせ続けてきた本人のキャラクタが紙面ににじみ出ており好感が持てる。 主人公以上の緊張を脇役が強いられると、主人公の緊張が薄まるので気をつけようとか、割と重要なテクがちらほらと見られる。

2019/04/11

蓮子

本書はホラーの名作を例に挙げながら人間が恐怖や不安を抱き、それに引き込まれていく心理メカニズムを考察する。私は「怖いもの」が平気で好きですがその理由が本書で明らかにされていてとても勉強になりました。「ホラーが好きな人間には、かつて恐怖に助けられた人が多いよう」で確かになと納得。「人生がどれほど絶望的か」でホラー嫌いかそうでないかが別れるそう。ホラーには痛みを忘れるには更なる痛みを、みたいな、ある意味ショック療法的な側面があると言えそうです。またホラー小説の楽しみ方、書き方までレクチャーされていて興味深い。

2019/04/04

かみぶくろ

恐怖の構造を科学的に分析した本かと思いきや、ほぼ平山夢明さんの作家論と私見。だからこその面白さというか、この異色の作家がどんなことを考えて作品を書いているのかがよく分かり、大変興味深かった。「君ほど殴りたいと思った人間はいない」と50年も言われ続けてきた、強烈な個性の源泉が堪能できる。特に精神科医との対談が面白く、恐怖を極端化すると笑いになるという著者の指摘通り、なんだかヤバイとしか言いようのないユーモアがあった。

2019/08/12

harass

恐怖とはなにかを考察するエッセイ。少し散漫かと思ったが、著者がホラー映画とみなす「ゴッド・ファーザー」「タクシードライバー」などの解説が非常に面白い。ホラー小説、怪談話などの著者が書くとき読むときに注意しているコツなども述べている。ホラー作家キングの偉大さなど、いろいろ唸る。最終章ではおなじみの精神科医春日武彦との対談。軽い読み物としておすすめ。

2019/05/18

keroppi

平山夢明による「恐怖」の分析。恐怖を掻き立てられた映画、小説、漫画。恐怖と不安の違い。平山氏によると「ゴッドファーザー」「タクシードライバー」が恐怖映画。「エクソシスト」撮影現場でのウィリアム・フリードキンの狂気。現実のエピソードも怖くて興味深い。恐怖小説家を目指す人への助言まで。実に盛りだくさんで面白い。自分にとっての恐怖体験て何だろうと考えてしまう。そう言えば、一昨日の夜、凄いうなされていたらしい。あれは何だったんだろう。

2018/11/09

感想・レビューをもっと見る