読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

作家
平山夢明
出版社
幻冬舎
発売日
2018-07-30
ISBN
9784344985087
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

サーカスのピエロを、たまらなく恐ろしく感じる症状を「クラウンフォビア」という。また本来なら愛玩される対象であるはずの市松人形やフランス人形は、怪談やホラー映画のモチーフとして数多く登場する。なぜ人間は、“人間の形をした人間ではないモノ"を恐れるのか。また、日本人が「幽霊」を恐れ、アメリカ人が「悪魔」を恐れるのはなぜか。稀代のホラー作家が、「エクソシスト」や「サイコ」など、ホラーの名作を例に取りながら、人間が恐怖や不安を抱き、それに引き込まれていく心理メカニズムについて徹底考察。精神科医の春日武彦氏との対談も特別収録!

「恐怖の構造 (幻冬舎新書)」のおすすめレビュー

ホラーを好むのは人生に絶望している人? 恐怖を感じる構造をズバリ分析

『恐怖の構造』(平山夢明/幻冬舎)

 私は怖い話が大好きなので、夏になり怪談特集や心霊ドラマなどが増えてくると、欠かさずチェックしている。だが、基本的には「好き」なのだけれど、時々気分が乗らない時がある。「なんか、怖いから観たくない」と思う。これはおかしな話で、そもそも怪談は「怖い」のだ。いつもはそれを求めているくせに、突然「怖い」を避けたくなる。…恐怖ってそもそもなんだろう? 『恐怖の構造』(平山夢明/幻冬舎)は、ホラー作家の名手である著者が、「恐怖」のメカニズムを徹底考察した「『怖い』の理由が分かる」1冊だ。

■なぜピエロは恐ろしく見えるのか…その理由は?

 最初に言っておきたいのは、本書は「怖い理由を探る」というテーマなので、本書自体に「恐怖」はない。なので、「自分ってどうしてこんなに怖がりなんだろう?」とビクビクと思っている人も、安心して(笑)読めるのではないだろうか。

 もちろん、ホラー大好きな読者には強力にオススメできる。小難しい学説や理論ではなく、小説家の著者が「『恐怖書きのプロ』として持論を展開」しているので、読み物としても魅力があり、…

2018/8/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

恐怖の構造 (幻冬舎新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

平山夢明による「恐怖」の分析。恐怖を掻き立てられた映画、小説、漫画。恐怖と不安の違い。平山氏によると「ゴッドファーザー」「タクシードライバー」が恐怖映画。「エクソシスト」撮影現場でのウィリアム・フリードキンの狂気。現実のエピソードも怖くて興味深い。恐怖小説家を目指す人への助言まで。実に盛りだくさんで面白い。自分にとっての恐怖体験て何だろうと考えてしまう。そう言えば、一昨日の夜、凄いうなされていたらしい。あれは何だったんだろう。

2018/11/09

honyomuhito

子供の頃、家族で海水浴に行くときに持っていった本が、キングの「霧」。どこからツッコんでいいかわからない行為だが、おかげさまで、夜1人でトイレに行けなくなって、大騒ぎした記憶がボンヤリと。私は怖がりだ。人はなぜ怖がるのに、わざわざ恐ろしい物を見てしまうのか。怪談、ホラー小説作家の平山夢明が描く恐怖についての考察。恐怖に対して、これほど多くの視点があるのかと驚く。今後も怖がりながらも恐怖を探しちゃうんだろうな。あゝ恐ろしい。https://chirakattahondana.com/恐怖の構造/

2018/08/12

HANA

恐怖より不安。平山夢明が恐怖の構造について分析した一冊。恐怖より不安というのがコンセプトになっているけど、それについては大いに頷ける。恐怖に終わりはあるけど、不安は終わりがなくて高まっていく一方だしなあ。潔癖症の気があるので、それはよく理解できる。あと特筆すべきは恐怖小説の構造の分析。小説を書く時にどの様な点に気を配るべきか、何を意識すべきかという事について、自分の作も例に出しながら非常に細かく指摘している。小説講座としても必見。巻末の春日武彦との対談も著者の本領発揮。ドラッグの部分とか大爆笑でした。

2018/08/04

荒草ミエル

さらりと読める平山版の恐怖哲学というか薀蓄。「人間のようであって人間でないもの」の恐怖が人形、異形の者への恐れへの正体という説に納得。確かに「一見知ってるように見えて判らないもの」というのは怖い。生きている人間が一番怖いといった言葉の真理はこんなところかと思う。どちらかと言うと、氏の個性的な人柄ばかりが印象に残り、夢ちゃんってば…と苦笑したくなる読後感。

2018/10/02

くさてる

「どれだけ人間そっくりだとしても、自我がなければ、それは人間ではありません。<人間の形をした、人間ではないモノ>なんです。それを我々は怪物と呼ぶんです」この一文に尽きる。実話怪談の名手による恐怖の構造を解説したエッセイなのだけど、様々な映画や小説を紹介しつつも、わたしがいちばん納得いったのはこの一文でした。面白かったです。

2018/09/08

感想・レビューをもっと見る