読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)

自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)

自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)

作家
吉原珠央
出版社
幻冬舎
発売日
2019-07-31
ISBN
9784344985674
amazonで購入する Kindle版を購入する

「自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)」のおすすめレビュー

“私”の話題は3回まで! 無駄なく意義ある会話をするための秘けつとは?

『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術』(吉原珠央/幻冬舎)

 会話が上手い人をイメージしてみてほしい。誰とでも話題が尽きることなく話せるとか、とにかくいるだけで場を盛り上げられるとか、人それぞれ様々な具体像が思い浮かぶだろう。

 そうなりたいと思う人たちが多いからか、ビジネス関連の分野ではいわゆる“話し方”を扱った本が少なくない。しかしながら、巷に溢れる会話本には「一番大切なことが欠けている」と俯瞰する一冊がある。イメージコンサルタントの著者による『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術』(吉原珠央/幻冬舎)だ。

 本書は「会話では『自分のこと』ではなく『相手のこと』を話す」ことが、もっとも肝心だと提案する。

■相手に3つの話題を振る。“私”を主語にするのは3回まで!

 会話とはそもそも、自分ひとりでは成り立たないものだ。その場には自分と相手がいる必要があるが、状況によっては自分のことばかりを延々としゃべる人に疲れたり、ひょっとしたらそんな会話をしてしまった自分を反省したりした経験もあるかもしれない。

 では、相手を疲れ…

2019/8/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

旅するランナー

うわー、吉原さーん、さすがに高意識・高基準・高品質で、この本は続々重版していて素晴らしいです。おめでとうございます。ポジティブなリアクション、話したいことの5割カットせよ、3ない(配慮がない、気が利かない、興味がない)な人にならない、雑談不要論、引用活用、本当に価値ある「お土産」...実に参考になります。いや~、かなり高度な目配り・気配り・言葉配りが要求されますし、瞬発力を持った反応上手が欠かせません。この本の内容を心に留め、日々精進してまいります。吉原さん、ありがとうございました。引き続きのご活躍を!

2020/01/08

あすなろ

自分のことを話している前段の様な雑談は果たして必要か?その上で話のTPOをわきまえ、相手に合わせ、相手にとり自分を少し緊張させる存在に出来たらという主張を読み取った。別視的な観点からは決してないつもりだが、女性目線が強めかな?とは思ってしまった。ただ、上記等勉強になるエッセンスはあった。また付随的に自分が思うほど話しかけるタイミングが分からない他者は多いのだということを知った。

2019/12/29

鱒子

図書館本。プライベートでも役に立ちそうですが、基本的にはビジネスシーンを想定した対人術の本。会話が途切れない事が良いことではない、相手に寄り添う気配り発言が大事、もちろん自分が主役の雑談などもってのほか。しかしこの本の例題では、相手から返ってきた球に、かなり高度な変化球で対応している印象。ーー常日頃から準備しておくことが大事ってことですね。

2019/09/02

NICKNAME

なるほどといった具体的な例を多数挙げてとても参考になる本である。普段のこの著者さん自身に会ってみたいものです。

2020/01/06

本棚

信頼される人の「話し方」について徹底解説したイメージコンサルタントの吉原珠央さんの著書。ビジネスでもプライベートでも「相手のこと」に意識がいかず、つい「自分語り」をしてしまう人に向けた内容で、「いい雑談とよくない雑談」といったあまり他では語られない内容の解説もありつつ、「よくない雑談」についての解決法も紹介されている。書いてある内容すべてを実現するには相当のコミュニケーション力が必要だと思うが、学びは多い内容だった。

2019/09/01

感想・レビューをもっと見る