読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

脚本力 (幻冬舎新書 666)

脚本力 (幻冬舎新書 666)

脚本力 (幻冬舎新書 666)

作家
倉本聰
【聞き手】碓井広義
出版社
幻冬舎
発売日
2022-09-28
ISBN
9784344986671
amazonで購入する Kindle版を購入する

脚本力 (幻冬舎新書 666) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

青いランプ

創ることは遊ぶこと、狂うこと、生きることと、本の帯に書いてあるけれど、狂うことは私にはできそうにない。脚本を書くのは難しい。

2022/12/25

白としろ

創るということは、遊ぶということ。創るということは、狂うということ。創るということは、生きるということ。

2022/11/03

はかせ

シナリオ作りのテクニックを開示されていますがそのデッサンに驚く。巨匠といえるが本と色の違いなどうなずくばかり。シナリオにはいささかアマさを感じるが病気や紛争をすぐに取り入れる力に恐れ入ります。

2022/10/23

るる

創作の極意が簡潔に書いてありました(★★★★)

2022/12/02

おーあみ

倉本聰、世界創造主かと思い違えるほど、脚本の登場人物に命を吹き込んでいて、すげえ。

2022/10/10

感想・レビューをもっと見る