読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きみが、この本、読んだなら ざわめく教室 編

きみが、この本、読んだなら ざわめく教室 編

きみが、この本、読んだなら ざわめく教室 編

作家
吉田尚令
戸森 しるこ
おおぎやなぎちか
赤羽じゅんこ
池田ゆみる
出版社
さえら書房
発売日
2020-03-07
ISBN
9784378015552
amazonで購入する

きみが、この本、読んだなら ざわめく教室 編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はる

初めて触れる、本を読むことの楽しさ。4人の児童文学作家たちが、実在する本を登場させ、その本に初めて触れる子供たちの姿を描きます。短いのであっさりめ。でも児童書らしい爽やかなストーリーです。まだあまり本を読むことに慣れていない子供たちが、物語に引き込まれていく姿が微笑ましい。戸森しるこさんの作品は、私の好きな「りかさん」をリスペクトした内容なのでニヤニヤ。

2020/09/02

ずきん

物語のスタイルをとった児童向けのビブリオバトル。『ニ分間の冒険』を激しく読みたい。【ダレカ】を探しに行かなくては!とはやる。おばちゃんだけど。赤羽さんと池田さんの物語への乗せ方が好み。著書も攻めてこ♪

2020/07/27

oldman獺祭魚翁

児童書と舐めてかかってはいけない。 読んだあなたは確実に読みたい本が増えるだろう。

2020/07/20

ぶんこ

4人の児童文学の作家さんが、物語という形をとって本を紹介。こういった児童文学の紹介を読むたびに、つくづく乱読家の私が、児童書を知らないことに愕然とします。あの頃いったい何を読んでいた?どの作家さんの話も良かったのですが、読みたいと思ったのは「りかさん」「いい感じの石ころを拾いに」。他の「二分間の冒険」「沈黙の春」は、紹介の物語はとてもよくて、長尾君が夢中になった本が級友と共感しあえる喜びが(そうそう)と思ったり、良太君の私設ブックスタンドには感激したり。どれも読書の喜びに溢れていました。

2020/09/18

みつばちい

「りかさん」「いい感じの石ころを拾いに」「二分間の冒険」「レイチェルカーソン」にちなんだ短編。読みやすいし、ここに出てきた本を読みたいと思う子がいるかもしれないから、図書館にはあるとよいかも。最後の話が良かった。最後のアゲハはおばあちゃんかな^_^

2020/06/30

感想・レビューをもっと見る