読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新明解国語辞典 第4版

新明解国語辞典 第4版

新明解国語辞典 第4版

作家
金田一京助
山田 明雄
柴田武
山田忠雄
出版社
三省堂
発売日
0000-00-00
ISBN
9784385130989
amazonで購入する

新明解国語辞典 第4版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Ayumi Katayama

『[動物園]生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕らえて来た多くの鳥獣・漁虫などに対し、狭い空間での生活を余儀無くし、飼い殺しにする、人間中心の施設。』 私が辞書に惹かれた名語釈がここにある。これほどまでに主張した辞書が他にあろうか。但し、この語釈は第四版で見られるものである。最新版の第七版では次のように変わっている。「捕らえられて来た動物を、人工的環境と規則的な給餌とにより野生から遊離し、動く標本として一般に見せる、啓蒙を兼ねた娯楽施設。」

2020/11/07

のんき

第四版第三二刷1996.3.15発行 正確には「読み終わった本」ではなく、お茶をこぼしてがびがびになってしまい「使えなくしてしまった辞書」。「新解さん」に対してなんてことを。買い直した第六版は、ざっと見たところ新解さんらしさが随分薄れているみたい。取り返しがつかないことをしでかしてしまった気分。

2010/10/15

まきまき

なかなか興味深い。

2013/10/14

すい🕊️

恋愛合体動物園でお馴染みの国語辞典。はまぐりがおいしいらしい

枕流だった人

4版特装愛蔵版

感想・レビューをもっと見る