読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ソナチネ 立原道造によせて―葉祥明画集

ソナチネ 立原道造によせて―葉祥明画集

ソナチネ 立原道造によせて―葉祥明画集

作家
葉祥明
出版社
サンリオ
発売日
0000-00-00
ISBN
9784387021179
amazonで購入する

ソナチネ 立原道造によせて―葉祥明画集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa@レビューお休み中

草原がある景色、山がある景色、花畑がある景色…。葉祥明が描くイラストは、いつも目にする景色ではなく、どこか遠くにある光景が描かれているような気がします。だから、絵を見ていると、どこかに旅をしたような気持ちになってしまうのです。柔らかな光、やさしい色が心の影を照らしてくれるます。そして、その絵とともに立原道造の詩があるのですが、詩を見て考えるとか、絵を見て感傷にひたるとかは、ここでは必要ないような気がします。何かを忘れたいとき、何かから離れたいときに、この世界に埋没してしまえばいいのだと思うのです。

2014/04/01

小夜風

【所蔵】葉祥明さんが描く立原道造の世界。「詩的軽井沢」の春夏秋冬。葉祥明さんの絵には詩がよく合いますね。24歳で夭逝した詩人、立原道造の繊細な詩は、とても心地好く胸に響きます。素敵です。

2014/03/17

感想・レビューをもっと見る