読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ワイル博士のナチュラル・メディスン

ワイル博士のナチュラル・メディスン

ワイル博士のナチュラル・メディスン

作家
アンドルー・ワイル
Andrew Weil
上野 圭一
出版社
春秋社
発売日
1993-06-01
ISBN
9784393713228
amazonで購入する

ワイル博士のナチュラル・メディスン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

香菜子(かなこ・Kanako)

ワイル博士のナチュラル・メディスン。正しいマクロビオティックの基本を学べる良書です。ワイル博士の解説は現代医学を否定するものでもなければ、伝統医学を狂信的に推奨するものでもなくて、バランスが良いです。

2018/10/09

ラウディ

かなり読みごたえのある本でした。いろいろな薬を飲む前にハーブやら食事やらで体調管理出来たらいいんだよね。牛乳とコーヒーはいろんな体調不良に関係しているらしいことがわかったけれど…、コーヒーはやめられないな~。

2019/11/30

Hiro Iwatani

この本に書いてあることを全部守ってたら、現代日本ではほとんど食べていいものがなくなってまうねんなぁ~・・・

2017/05/26

ゆきじ

面白い本だった。訳も上手だしわざと難しく書かれている部分がなく頭にすっと入ってくる。本当に様々な病気の原因とその対策および予防法が書いてあって舌を巻いた。ワイル博士は病気の真髄を見抜く呪術医という印象。「自分が何もしていないのに患者に運動をしろ、食事に気を配れ、瞑想しろなどとは言えない」とはまさにその通り。まずは自分からナチュラル・メディスンを体現していこうと思う。

2017/05/26

チダ(uy1)

はじめに、で「プリベンティブメンテナンス」や「専門家への盲信は不健康」に目が留まる。放射線や有害物質を避けよう、など環境も含めた自助への全般的健康提言・ウェルネスセルフケアの総合マニュアルと捉えられた。もちろん習慣・行動次第、つまり言行一致は各人次第。それと、「筋肉隆々という見かけと、真のパワフルな力・健康とは何の関係もない」p138「表面的な「美」のためにボディビル達は不健康になっている人も少なくない。」「健康」宣伝喧伝に注意したいものです。

2019/08/31

感想・レビューをもっと見る