読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幽鬼の塔 (江戸川乱歩文庫)

幽鬼の塔 (江戸川乱歩文庫)

幽鬼の塔 (江戸川乱歩文庫)

作家
江戸川乱歩
落合教幸
出版社
春陽堂書店
発売日
2019-12-25
ISBN
9784394301752
amazonで購入する

幽鬼の塔 (江戸川乱歩文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たんかともま

幽鬼の塔の真実を知ったあとの探偵の興味の失せよう、筆の割かなさは流石乱歩。エピローグ嫌いなのかもしれないし、種明かしした時点で興味が失せるのかもしれない。五重の塔から風鈴のように揺れる縊死体など、ビジュアル的な怪奇さと、鞄の中身に執着する謎の男の謎の死という掴みが面白い。他の短編、未完になった悪霊も含め、少年ジャンプの漫画みたく設定を盛りに盛っていくインフレ感があった。広げすぎた風呂敷を畳めない恐怖王は一周回ってゴリラ男や死体との結婚がコミカルに思える。内容云々より興味を持続させる引っ張り力が乱歩の魅力。

2020/09/06

感想・レビューをもっと見る