読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奇妙な星のおかしな街で

奇妙な星のおかしな街で

奇妙な星のおかしな街で

作家
吉田篤弘
出版社
春陽堂書店
発売日
2020-07-21
ISBN
9784394903710
amazonで購入する Kindle版を購入する

奇妙な星のおかしな街で / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nico

吉田さんのエッセイはこれが初めて。吉田さんの経験された実体験よりも妄想話が面白かった。吉田さんの描く物語そのもののようで、その発想がいかにも吉田さんらしい。「天国」は自分の記憶によって創られた世界で「天国」に到着したら探偵を雇って再会したい人(故人)を捜索する話、持ち運べる「夜の鞄」の話、体の中の状態を瞬時に読み取って病気等の警告をしてくれる「ミラー」の話等々、本当にあったら面白いだろうと思わせる、ちょっと不思議でユニークな吉田ワールドに惹き込まれた。いつかこれらの妄想話から新たな物語を創ってほしい。

2020/10/24

けんとまん1007

クラフトエヴイング商会でもある吉田篤弘さんのエッセイ集。吉田さんならではの文章の世界。静かであって、透明感があって、温かさも、ユーモアとウィットもあって、本当に心地よい世界。しかも、文書のページが便箋のようなレイアウトになっていて、うまくマッチしている。どの題材も、おおげさでなく、日常の暮らしの中にあるものだからこそ、伝わってくるものも多い。

2021/01/01

キラ@道北民

エッセイ集。便箋のような緑色の縦罫線が入ったとても読みやすい本でした。吉田さんからの手紙を読んでしまったような、物語のヒントが散りばめられたワクワクする1冊。「自分へのご褒美」は「幸福な時限爆弾」と呼ぶこと、「見えないもの」の探求よりも「見えるもの」の把握が大事なこと、虹の根元を通り過ぎたことが印象的でした。

2020/09/19

タイトルと表紙に惹かれ、勝手に物語だと思って手に取ったのだがエッセイだった。200ページ程度で一つ一つの話が短いので、短い時間でさらっと読めてしまう。わたしは著者の物語の穏やかな空気感や不思議な世界観が好きなのだが、エッセイでもそれは変わらなかった。穏やかさは文章から来ているのだなと。著者の発想の仕方もわかったような気がしたし、(にわかではあるが)ファンとしては読んでよかった一冊。★★★★☆

2020/11/11

Tαkαo Sαito

軽やかで心地良いエッセイ集。読んでて心が落ち着いてくる文体。温度がこもっている文章、吉田篤弘さんはやはり好きだ。

2020/08/14

感想・レビューをもっと見る