読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書)

世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書)

世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書)

作家
池上彰
出版社
祥伝社
発売日
2019-08-01
ISBN
9784396115784
amazonで購入する Kindle版を購入する

世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

zero1

広島の原爆慰霊碑に主語がないのは何故?東京裁判で日本は過去の総括を丸投げ(後述)にした?自主憲法を定めず米国を憎まない日本人とは?読者を挑発するような内容に、我々はどのように答えるべき?【軍隊でない】と言い訳しつつ海外から見れば軍隊の自衛隊。今も多くの米軍基地がある沖縄とベトナム戦争。イスラム国に戦争の報道。アフリカの代理戦争まで戦争を考えるきっかけをもたらす一冊。英国による中東での三枚舌外交は、多くの日本人が理解できてない(後述)。

2020/08/17

fseigojp

ブッシュ・シニアとブッシュ・ジュニアの違いがよくわかった

2019/08/27

templecity

戦後75年がたったが日本では戦争が無かったが世界では様々な紛争が起こってきた.現上皇も平成の時代に紛争が無かったことをしみじみと語っている。バックミラーを見ながら運転しなければならないと池上彰は言う。過去には学ぶべきところがある。昔と違って情報が入るのだからそれをよく見る。毛沢東の失敗を知らずにポルポトはカンボジアで共産主義を作ろうとした。過去から学ばなんで人類が賢くならなければならない。

2020/01/24

mintia

この本を読んで、平和であることがいかに難しいことが分かった。また、戦争からは勝者は生まれないと思う。

2019/11/23

ネトマヨ

あまりもアレな内容という感想をもちました。いちいち全部述べませんが、チビッとだけ。広島の原爆死没者慰霊碑に主語がないことが紹介されています。戦争「責任」と連呼されていますが、誰の責任を、誰が追求するのか。朝シ新聞が大好きなアンケートで総括するのもナウいのではないか。まともなことを言っている空気をまとい、真っ赤なフィクションを味わえる好著。

2020/09/20

感想・レビューをもっと見る