読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マイナスの効用 不安の時代を生きる技法 (祥伝社新書)

マイナスの効用 不安の時代を生きる技法 (祥伝社新書)

マイナスの効用 不安の時代を生きる技法 (祥伝社新書)

作家
五木寛之
出版社
祥伝社
発売日
2020-10-31
ISBN
9784396116163
amazonで購入する

マイナスの効用 不安の時代を生きる技法 (祥伝社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

団塊シニア

9年前に「悲しみの効用」として刊行された作品ノリニューアル版である、「病の効用」のなかで人生というものは不合理だ、決して平等ではない、苦というものを意識しないでは生きていけないなという一節が心に響いた。

2020/11/29

タペンス

 やっぱり五木さんていう人間が極めて悲観的で暗いのだなあと思った。これから当分暗い時代ですみたいなことを言われても、もうじき寿命が尽きる五木さんのようなお年寄りはもう関係ないからいいだろうけど、これからまだまだ生きていかなければならない若年層にとっては、げんなりする。

2021/04/05

神谷孝信

著者の本は読む度に何らかの刺激を貰え、次の本も読みたくなる内容。3

2021/06/19

K T

降る

2021/03/15

感想・レビューをもっと見る