読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君が護りたい人は (ノン・ノベル)

君が護りたい人は (ノン・ノベル)

君が護りたい人は (ノン・ノベル)

作家
石持浅海
出版社
祥伝社
発売日
2021-08-07
ISBN
9784396210533
amazonで購入する Kindle版を購入する

君が護りたい人は (ノン・ノベル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

久しぶりに石持ミステリを読みたくなりこちらを。碓氷優佳シリーズは未読の巻があり、いきなりこちらを読んだが、さほど問題なくシリーズらしい味を楽しめた。ただ碓氷のプロフィールの変化に驚きが。本作も倒叙形式で犯人の意図が先に示される。ただ、視点は犯人ではなく第三者。そのためどう犯行が為されるかは謎。語り手が殺人の手法をロジカルに予測して詰めていくのだが、これが案外緊張感がない。直接的な心理戦ではないからだろう。と思ったが、そこは石持さん、読後にはしっかりと碓氷の怖さとシリーズ特有の余韻を思い出させられていた。

2021/09/26

にいたけ

碓氷優佳第五の事件。殺人を実行する者と殺人を阻止する者ではない、殺人の意思を知っている第三者の視点で語られる物語。実行寸前に計画が判明し、それがやんわりと阻止されるところが最大の読みどころ。このシリーズついつい読んでしまうのは探偵役が「正義」を振りかざさないところ。感情的にならず細かな事実を積み上げて看破していくことが純粋に好きなキャラクタを創り出したこと。読者が護りたい人は、もちろん☺️ねぇ🥰

2022/03/08

ren5000

碓氷優佳シリーズ。もう6作目らしいし前作既読なんだけど優佳の人間関係などは全然覚えてないけど別に問題なく読めました。あーだこーだと思考をこねくり回すのはお約束で結局毎回ふーんで終わるのだけれど読んでしまうのはなぜだろう?

2021/10/04

やな

元日に一気読み。碓氷優佳シリーズ第六弾。このシリーズ、探偵役の優佳が無双すぎて、犯人側に肩入れしてしまうわ。本作も、どうせ優佳に見破られるだろうけど、完全犯罪目指してがんばれー!と箱根駅伝のように犯人を応援していた。けどやっぱり、善戦虚しくあっさり論破され撃沈。あぁ、面白かった。

2022/01/01

pen 

碓氷優佳シリーズ最新作。キャンプ場を舞台に、毒牙に掛かった姫を救い出すべき騎士の仕掛ける罠に傍観する者、それを排除する者の攻防。うーん まず犯人の歪んだ独りよがりの感情が興味を剥いでいく。優佳もその本性を出さずに終始おとなしめのアイドリング状態。最後に見せる優佳のある種の感情の欠落は変わらないことに嬉しくも、今回はタイトルの意味に仕掛けがある姫の魔性が際立つ。こんなキャンプ行きたくない(笑) 最近の石持さんの作品にとみに感じる会話のシーン。あの会話で爆笑とかするのかなあ。読み手がギスギスしているのか(笑)

2021/10/04

感想・レビューをもっと見る