読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

謹訳 源氏物語 七 改訂新修 (祥伝社文庫)

謹訳 源氏物語 七 改訂新修 (祥伝社文庫)

謹訳 源氏物語 七 改訂新修 (祥伝社文庫)

作家
林望
出版社
祥伝社
発売日
2018-08-09
ISBN
9784396317393
amazonで購入する

謹訳 源氏物語 七 改訂新修 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てんつく

若紫の死とその後の光源氏の落ち込みっぷりよりも、夕霧の酷い男振りが印象的。真面目君だと思ってたら、蛙の子は蛙で落葉宮とのやり取りというか駆け引きはちゃんと読むとどうかと思う。

2020/09/18

てらこ

柏木から雲隠まで。源氏に似ず、妻ひとすじで通してきた息子・夕霧のはじめての心移りにハラハラ。この時代、文のやり取りは連絡手段であり、恋の駆け引きの必需品。「昨日の夜出した文の返事が次の日になっても来ない!」とやきもきする様子を見ると、千年前も「メール返ってこない!」的なことがあったのかなーと思えて、親近感が湧く。 この巻を最後に源氏は物語の表舞台から姿を消すわけですが、最愛の妻・紫上に先立たれた喪失感を抱えながら、自らの人生の終わりへ向かっていく姿が悲しく美しかった。

2020/01/24

LUNE MER

源氏物語・第二部完であると同時に光源氏もついに退場。紫の上を失った光源氏52歳の一年間を移り変わる季節の風物とともにドキュメンタリーチックに描く「幻」の帖。この帖だけ映像化してもかなり芸術的な作品に仕上がる気がする。さて、紫の上が亡くなったのは旧暦の8/14と明記されており彼岸にあたる(らしい)。当時は「彼岸は怨霊の命日である」とされており、逆もまた真なりということで「彼岸に亡くなると怨霊になる」と言われたらしい。某作品でそう書いてあったが他でその主張をまだ見たことない。しかしそう思って読むのもまた一興。

2020/02/26

ケロ子

相思相愛の紫の上すら幸せにしない光源氏の一生って、いったい。源氏物語ってこんなにも奥行きがある物語だとは思わなかった。現代に通じる心情もたくさんあり、読まれ続ける理由がありすぎる。紫式部、天才だわ。

2021/10/02

あいくん

⭐⭐⭐⭐

2022/05/23

感想・レビューをもっと見る