読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

謹訳 源氏物語十 改訂新修 (祥伝社文庫)

謹訳 源氏物語十 改訂新修 (祥伝社文庫)

謹訳 源氏物語十 改訂新修 (祥伝社文庫)

作家
林望
出版社
祥伝社
発売日
2019-11-13
ISBN
9784396317720
amazonで購入する

謹訳 源氏物語十 改訂新修 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てらこ

ついに完結、浮舟から夢浮橋まで。浮舟が起こす大事件のおかげで最後までハラハラでした。全巻とおして、この時代の恋愛劇には驚愕しっぱなしでしたが、人間関係や生き方に悩む姿は現代人と同じ…それが千年以上前に小説になってたのがすごい。女の身の振り方を嘆く紫上の言葉「人間らしい心も持たずに、ただおとなしく引っ込んでいろというようなことだったら、いったい何として、この世に生きている甲斐などあろう」が一番印象に残った。この複雑な物語を原文に忠実に、かつ読みやすく面白く訳すリンボウ先生も本当にすごい!永久保存版です。

2020/02/18

Galois Noir

宇治十帖での二人の貴公子(薫・匂宮)のスペックは光源氏に及ばない(ものとして描かれている)。しかし、登場人物を抑えた上でより心理戦の様子が深く描かれている。まさにあれ。「スターダストクルセイダース」の次に「ダイヤモンドは砕けない」を読んだ時の印象の違いと、それを乗り越えた後にジワジワとくるクセになるあの味わいそっくり。問題なのは宇治十帖に至るまで息が続くかという源氏物語の長さと複雑さ。林望先生の勤訳はその負担をかなり軽減してくれる偉業じゃないかと。三度目の源氏物語、あれよあれよと終わりました。

2020/03/24

鈴木貴博

林望先生版現代語訳最終巻。浮舟ー薫と匂宮の板挟みとなった浮舟は悩み苦しみ、死を思う。蜻蛉ー浮舟失踪。死んだとされ葬儀が行われる。悲しむ薫と匂宮だが、まもなく各々また新しい恋に走る。手習ー横川の僧都らに助けられ、浮舟は生きていた。そして出家の念願を遂げる。一方薫は浮舟生存の情報を掴む。夢浮橋ー薫は浮舟への手紙を託すが...。瀬戸内寂聴先生版に続き、二度目の源氏物語現代語訳通読を堪能。夫々訳者の個性も光る。色々議論があるという物語の結末、寂聴先生が“源氏塾”で説く如くこれが構想通りで必然という見方に深く共感。

2019/11/19

感想・レビューをもっと見る