読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆきどまり―ホラー・アンソロジー (祥伝社文庫)

ゆきどまり―ホラー・アンソロジー (祥伝社文庫)

ゆきどまり―ホラー・アンソロジー (祥伝社文庫)

作家
高橋克彦
新津きよみ
森真沙子
草上仁
小林泰三
牧野修
唯川恵
篠田真由美
伏見 健二
出版社
祥伝社
発売日
2000-07-01
ISBN
9784396327842
amazonで購入する

ゆきどまり―ホラー・アンソロジー (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

小説NONに87年に掲載され、のちに漫画化もされた高橋克彦先生の«ゆきどまり»に、99年掲載の8作品を抱き合わせた一冊。同シリーズに『万華鏡』『舌づけ』『さむけ』『おぞけ』がある。『臓物大展覧会』の小林泰三先生の«友達»は『脳髄工場』で既読。『(ロード・トゥ)セレファイス』の伏見健二先生の«少女、去りし»は読書家JK×Cthulhu物。唯川恵先生の«分身»はメル友・ホラー。このジャンルの白眉は五十嵐貴久先生の『リカ』ですな。diamondリリーことネリネはヒガンバナ科の花。隙間時間で読める ⇒

2019/03/18

やっち@カープ女子

ホラーアンソロジー9編。狂気を持った魂が憑依しての恐怖を描いている。こういうの何冊も読んでいるので既読の話が何編かあった。もう買うのやめよう(失笑)

2015/05/09

Yu。

その迷妄の執念たるや。。現実と虚構の狭間に囚われた人物描写にとことん翻弄され、酔わされてしまう9つの幻想ホラー。いずれも驚愕な逆転劇はもちろん、そこへ行き着くまでの緊迫感たるや、もう素晴らしい 。で、個人的のお気に入りは、これぞ王道的現代怪談な内容で、いつでも何度でも愉しめる「ゆきどまり」。最後の最後まで振り回され続け、ダメ押しの強烈なラストはスタンディングオベーションもの「人形遊び」。ほんの些細な事なのに。。妄想が膨らみすぎて破裂する様が痛すぎる「口が堅い女」。

2014/11/11

のりすけ

小粒ながらもホラーとしてはきちんと成り立っている。怖いかと訊かれたら…こわくはないですけどねーって返事になるかと。サクッと読めて時間つぶしにはちょうど善きよ。

2020/06/30

Spok

ゆきどまり、でもない作品が多々ある。しかし全体的に面白いとおもう。「少女、去し」では何が出てきたのかが興味深い。

2017/01/24

感想・レビューをもっと見る