読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

十津川警部「故郷」 (祥伝社文庫)

十津川警部「故郷」 (祥伝社文庫)

十津川警部「故郷」 (祥伝社文庫)

作家
西村京太郎
出版社
祥伝社
発売日
2008-08-30
ISBN
9784396334468
amazonで購入する Kindle版を購入する

十津川警部「故郷」 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まひはる

十津川捜査班シリーズ9。ホステスのゆかりが刺殺体で発見された。近くには、警視庁十津川班の片山の死体が。片山主導の無理心中とみられたが、部下の無実を信じる十津川は、片山の故郷、福井県小浜に飛ぶ。そこで衝撃の事実が明らかになり…。

2019/06/05

pyonko

片山刑事が浮かばれないなあ。句読点の多さはもう気にならなくなってきた。

2014/06/24

Toshiko N

この作家の鉄道ダイヤトリック以外のものを初めて読んだ。なかなか読みごたえもあり舞台になった小浜というところにも興味がわいた。ぜひ行ってみたいと思わせる本であった。

2013/05/03

感想・レビューをもっと見る