読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おれは清麿 (祥伝社文庫)

おれは清麿 (祥伝社文庫)

おれは清麿 (祥伝社文庫)

作家
山本兼一
出版社
祥伝社
発売日
2015-04-09
ISBN
9784396341152
amazonで購入する

おれは清麿 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

無月斎

ものスゴい執念だな。刀鍛冶・源清麿の生涯を追った一冊。刀を作る事にこだわり、刀に全てをかけた情熱は尊敬する。ああ、いう刀を作ろうと夢想し、野心高く求め、女に雑に扱う清麿の姿が、人間らしくて良い。女の扱いや、恩人の清音にヒドイ、つるへの仕打ちは言い訳の余地なし。しかし、求めた刀の価値が彼の一生の言い訳だったんだな。鉄にこだわり、武用刀だけを作る清麿。直胤が安い鉄を使い、華やかな刃紋の刀を作る。まるで両者は対極。やがて、荒試しでの仕打ちの凄まじさの結果に出た。今、一番に評価がある刀を作った清麿だからこそ。

2016/10/14

かぶき者

江戸時代、小諸出身の刀鍛冶の名工である清麿の足跡を描いた物語。信頼する兄を見習いながら、誰の弟子にもならずその腕一本でだけで並み居る目利きをうならせたという。後先考えず直情だけで動き、夜這いして夫婦になったにも関わらず、新たな腕試し先を見つけて出奔。その住み込み先の飯炊き女に惚れ込んでしまう。その女も放ったらかしで、長州藩に見込まれれば萩まで行ってしまう。置いてけぼりの女達は一体どうやって暮らしていたのかの方が気になるが、そこらは一切触れられず。この芸術肌は左利きだけでなくB型だったに違いない(褒め言葉)

2019/11/20

rakim

刀鍛冶の山浦正行、のちの源清麿の一生。天才なんでしょうね。普通で平穏な生活の価値よりも、思う刀を造りたい、その情熱を滾らせるためには好き勝手に女性も居場所も変えていく。著者の刀剣に関する知識に惹かれながら、面白く読みました。

2016/04/19

myu-myu

「天職」なんだろうなと思う。思うように行動し、思うように生き抜いた男の生き様は、正直なところ納得はいかない。けれど、「この刀はおれ自身だ」という、彼が鍛えた刀に出会ってみたいと思った。

2016/04/07

青蓮

正に天才刀工‼刀工の申し子ですね。源清麿作の刀を是非見てみたいです。

2015/08/05

感想・レビューをもっと見る